脊振山地の最高峰を谷沿いに辿る

博多駅にて待ち合わせバス・タクシーで椎原の車谷登山口に着く。谷沿いの緑が濃い下をゆっくり楽しみ歩く、林道を過ぎると徒渉が出てくる、ケルンを頼りに何カ所か渡る、最後の歩き悪いザラバを登りきると矢筈峠、一呼吸後アスファルト道を進み山頂広場に出て、石段を歩き背振山地の最高峰に着く。遠くの見晴らしは利かず博多湾も有明海も見えない、広場に引き換えし木陰のベンチで時間を掛け昼食を楽しむ。
 椎原峠に向かう登山道は歩き易く、コバノミツバツツジの下をゆったりと楽しむ。椎原峠から谷川沿いに下り徒渉もある、下山口からは車道をゆっくりバス停に向かった。

福間6:15=6:45博多7:05=バス・タクシー8:30・390m車谷登山口8:43~林道9:27~矢筈峠10:37~二等1054.8m・11:10脊振山12:00~13:17椎原峠~登山口14:05~14:45椎原バス停15:36発(16:22) 2014年5月23日 13km・6時間・晴れ・27,000歩

車谷登山口案内板
d0125589_12104652.jpg

車谷登山口標識
d0125589_12111081.jpg

徒渉地点のケルン
d0125589_12112865.jpg

流れが緩やかに
d0125589_1211545.jpg

ガクウツギの花
d0125589_12122117.jpg

二等三角点 脊振山 1054.8m
d0125589_12124141.jpg

山頂の脊振神社
d0125589_1213159.jpg

椎原峠へ向かう縦走路入口
d0125589_12131965.jpg

椎原峠標識
d0125589_12133946.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2014-05-24 12:14
<< 一目山から涌蓋山へ続く稜線にミ... 高祖山の縦走路を歩き飯盛山に向かう >>