脊振山横断、鷹取・蛤・脊振山から椎原へ

 寒の戻りでものすごく寒い、佐賀銘木の100選に選ばれている銀杏、見上げると青空とのコントラストが冴えている。神社には風神二柱が合祀され、神木に麻旗を掲げ天気(風雨)を予知(日本最古の気象台と云われる)。
 端正な姿の山城跡へ、珍しいハゼの林の裾野を抜け登山道を歩く。巨岩が散在している草原状の山頂・鷹取山に着く、素晴らしい眺望が広がっている筈だが、今日は裾野だけ残念。
 城跡を北へたどると林道に出合う、ハイカーには使われていない林道でゼンマイを取ながら進み坂本峠にでる。ここからは経験があり、標識も500m毎に設置され迷わず楽しみながら登れる、奇岩蛤岩の頂上に出る、陽だまりで早めの昼食とする。
 一旦湿地帯に下り再び登り返し、トラバースルートの木道を歩く、標高1000mまで登ると、ブナの木など木々の芽吹きはまだ早い。山頂広場から石段を歩き背振山地の最高峰に着く。
 椎原峠に向かう登山道は歩き易くゆったりと楽しみ進むが、ツツジの花はまだ咲いていない。峠から谷川沿いに下り徒渉もある、下山口からは車道を急ぎ足でバス停に向かった。

福間5:21=1080円中原駅6:53~綾部八幡神社7:20~三等403.5m・鷹取山8:32~560m坂本峠9:28~三等862.8m・蛤岳11:13~二等1054.8m・脊振山13:00~椎原峠14:13~登山口14:58~15:30椎原バス15:36発(次16:22)
2013年4月22日・晴れ・8時間30分・46500歩・24km

芽吹き始めの樹齢770年のイチョウの大木
d0125589_15391662.jpg

麓から鷹取山
d0125589_15394066.jpg

ハゼの植林
d0125589_1540113.jpg

鷹取山・山城跡の巨石群
d0125589_15404844.jpg

山頂から麓を見る
d0125589_1541954.jpg

綿毛に包まれたゼンマイ
d0125589_15413412.jpg

スミレ
d0125589_154206.jpg

蛤 岩
d0125589_15422452.jpg

脊振を巻くように木道が続く
d0125589_15425724.jpg

シロモジの花
d0125589_15484725.jpg

カンアオイの花(寒葵)
d0125589_15434662.jpg

オオカメノキ(ムシカリ)
d0125589_15441250.jpg

脊振山頂上の鳥居
d0125589_15444492.jpg

椎原峠に向かう登山道
d0125589_15451545.jpg

唐人の舞の巨岩
d0125589_15453816.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2013-04-24 15:51
<< 行縢山・大崩山・尾鈴山へ登る(... 砥石山支尾根コース >>