臥龍梅と三池山

 一度は見る価値が在ると云われている普光寺の(樹齢400年)臥龍梅を訪ねる。丁度満開で大勢の花見客で境内は一杯、真っ青な空に赤い梅の花とのバランスが微妙に冴え、メジロ、ヒヨドリも飛び交っている。
 ここからゆっくり登り始め三池宮で一休み、社殿の北に名前の由来とされる池が三つある。赤い花が咲いているヤブ椿林を抜け、急な坂道をひと登りで三角点がある北の峰、草原を歩き南の峰で暖かいひざしを受けお昼にする。ここからは有明湾の向こうに雲仙岳が雲の上に浮かび、小岱山も近くに見える。
 草原を歩き樹林帯を抜けると林道に出る、竹林が続くそして、蜜柑、枇杷、ブドウの果樹園を通り、乙宮の集落から更に米の山バス停まで歩く。

  福間8:03=1770円9:59大牟田10:10バス=270円普光寺バス停10:30~10:40普光寺200円・臥龍梅11:00~11:35三池宮11:43~11:55「388.1m三等三角点」三池山・昼食12:15~林道出合12:30~13:05米の山バス停13:17=240円大牟田
2013年3月6日・晴れ・15,000歩・6.5km・青春きっぷ

普光寺・臥龍梅
d0125589_2013169.jpg

普光寺・枝垂れ梅
d0125589_20132857.jpg

メジロ
d0125589_20134593.jpg

三つ池の一つ
d0125589_20141228.jpg

三つ池の伝説
d0125589_20143068.jpg

ヤブ椿の小道
d0125589_2015441.jpg

三池山・北の峰
d0125589_20152247.jpg

小岱山
d0125589_20155310.jpg

コース案内板
d0125589_20162176.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2013-03-07 20:19
<< 鋸山・国東半島 東回りで九千部山を歩く >>