可也山と立石山

  糸島富士と呼ばれている可也山を眺めながら登山口までウォーキング、階段が続く道を登り石切場跡にでる。此処の花崗岩を日光東照宮の大鳥居として黒田長政が献上している。尾根に出ると第一展望所しかしあまり展望は無い。祠、可也神社(祭神は桓武天皇)、三等三角点365.1m、山頂標識と続きその西端に広い展望台、玄界灘が飛び込んでくる。
  小富士分岐から下るが、ここの下りは使わないほうがよい、滑りやすく全面トラロープが張り巡らされている。ようやく梅林に出る、ここのバイパスは歩道が広く、車が走れそうだ。昭和バスに乗車して芥屋へ移動、海水浴場の砂浜を歩き登山口へ。
  六甲山の荒地山岩場巡りを思わせる、岩が累々とした道を進む。振り返れば芥屋ビーチの先に芥屋(ケヤ)の大門(日本三大玄武洞)海蝕洞(高さ64m、間口10m、奥行き90m)遊覧船が中に入れる。山頂だけが展望が無いが、歩く道は絶景に見とれないように注意、景色を楽しみながらコーヒータイム。
下山後、大門の海岸に咲くダルマギク・達磨菊、ホソバワダシ・細葉海菜を見に行く。

2012年11月7日
福間8:37=9:10博多9:20=920円・9:57筑前前原10:00~師吉公民館10:40~石切場跡11:10~第一展望所11:20~可也神社11:32~可也山11:35~11:40第二展望所12:00~小富士分岐12:10~12:50小富士バス停13:10=乗車=330円・芥屋バス停13:40~登山口~展望台14:11~立石山14:21~南登山口14:40~芥屋バス停15:10~芥屋大門15:30~15:40芥屋バス停16:00=640円・筑前前原・曇り・29,000歩・8.2km+6km

糸島富士・可也山、師吉より
d0125589_13105447.jpg

可也山案内板
d0125589_1312672.jpg

階段状の登山道
d0125589_13123767.jpg

石切り場跡
d0125589_1313433.jpg

可也神社
d0125589_13133215.jpg

山頂標識
d0125589_1314736.jpg

展望台
d0125589_1314299.jpg

霞んでいる玄界灘
d0125589_13145447.jpg

小富士からの登山口
d0125589_13152025.jpg

コスモス・ひまわり
d0125589_132871.jpg

小富士からなだらかな可也山
d0125589_13283596.jpg

芥屋ビーチ
d0125589_13164726.jpg

芥屋と二見ヶ浦ビーチ
d0125589_1317811.jpg

山頂からの芥屋の大門
d0125589_13173086.jpg

姫島(野村望東尼の流刑の島)
d0125589_13175850.jpg

ダルマギク
d0125589_13182461.jpg

ホソバワダン
d0125589_13192552.jpg

芥屋の大門
d0125589_13195448.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-11-09 13:21
<< 黒髪山と御船山楽園・有田陶磁器市 三日月山から立花山へミニ縦走 >>