宗像大島めぐり遠足、ウオークで一日遊ぶ

 従弟の車で神湊港に行きフェリーに乗船、風が無く静かな紺碧の海を進む。鳥居の傍に織女・牽牛神社あり天の川伝説が在るそうだ。急な石段を登り中津宮「宗像三女神・湍津姫神を祀る」裏から出ると身ぐるみはがれた「バクチクの木」の横を通り登山口へ、木々に覆われた遊歩道を歩き御嶽の展望台に出る。残念少し春霞が掛かり遠くは望めない、しかしこれから訪れる牧場・風車は見える。
風の峠で車道を横切り牧場へ、草地に牛は一頭、群れて草を食んでいる風景は無かった。牧草地の砲台跡(15センチキヤノン砲4門)・トーチカ跡(ロシア語・特火点)オオイタビの木(大崖石榴・沢山の実が着いていた)を廻り小高い丘の上に風車、玄界灘・紺碧の海を臨む絶好のロケーションだ、少し早いがゆっくり昼食とする。
牧草地の遊歩道を進み、海に突き出た神崎、(風が在ると怖い)望みこむと馬蹄岩、振り返ると白い灯台、歩いてきた草地、風車が見られる。筑前大島神崎灯台は1926年11月初点灯(光達35km)、さらに三浦洞穴(隠れキリシタンが潜んでいた)を見学。
津和瀬集落周りに6kmの車道を歩きホトロセ峠を抜け大島港渡船ターミナルに帰った。

自宅=車300円=神湊港9:25=550円=9:50大島港10:00~中津宮10:10「宗像三女神・湍津姫神」「バクチクノキ」~224m360度の展望・御嶽山10:30~121m風の峠11:00~11:20<牧場・風車・砲台跡>12:00~馬蹄岩12:38~大島灯台12:50~三浦洞窟13:00~津和瀬13:40~107mホトロセ峠14:08~14:30大島港14:40発=神湊港=車=潮湯の里夕陽館で入浴200円・解散
快晴・12km・24000歩・二人

フェリーから見る宗像大島
d0125589_11242445.jpg

フェリーから見る大島の御嶽山
d0125589_11244992.jpg

宗像大社中津宮
d0125589_11251112.jpg

織女神社・天の川伝説がある
d0125589_11253957.jpg

根分れした林の山道
d0125589_1126487.jpg

宗像大島地図
d0125589_11262843.jpg

山頂のとびうめ国体碑
d0125589_11265278.jpg

木イチゴの白い花
d0125589_1127148.jpg

オオイタビの木「大崖石榴・クワ科イチジク属」
d0125589_11273722.jpg

風車の風景
d0125589_11275746.jpg

神崎からエメラルドグリーンの海・崖と風車
d0125589_11282174.jpg

神崎眼下の神場のひづめ跡・馬蹄岩
d0125589_11284148.jpg

筑前大島神崎灯台大正15年築
d0125589_112901.jpg

三浦洞窟・キリシタンが隠れていた所
d0125589_11292182.jpg

宮司浜から海に沈む夕日
d0125589_11293870.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-03-31 11:34
<< 犬鳴山地の犬・猫の尾根を歩く 大分の国東半島に在る、奇岩の津... >>