比良山の雪山を楽しむ

 山の裾野は見えているので、五人で小雨の中傘を差し歩き始めました。イン谷口から雪が現れ大山口でアイゼンを着け、ジグザグのダケ道を登りカモシカ台まで来ると、木枝に積もった雪も昨日の雨で落ちて更に深くなり、枝からの落雪の心配はないものの歩行は遅くなった。堂満岳、北斜面のルンゼが見えて来ると直ぐに神爾谷の頭の通過です、足の置く場所やアイゼン、枝に注意を払い通過。北比良峠は雪深くトレースも薄く、コヤマノ岳の稜線が辛うじて見えていました。
 八雲ヶ原からはワカンを付けて歩くことにして、一人引き返し四人で雪に覆われた湿原へ。雨具、ヤッケを着けてあわただしく昼食、しかし雨が強く引き返すことに。二人は福岡県からの参加でしたが生憎の天気で残念!久しぶりの雪を踏みしめる感触、雪景色に満足!
 平成24年1月20日;自宅~宝塚駅5:50=6:13尼崎駅6:24=6:33大阪駅(8番ホーム)6:36=7:09京都駅7:22=90m8:09比良駅8:15発~イン谷口8:56~アイゼン装着400m大山口9:26~600mカモシカ台10:25~970m北比良峠11:30~昼食・八雲ヶ原12:05~北比良峠12:33~カモシカ台13:30~大山口14:05~15:15比良駅・28,500歩・小雨
           北比良峠と釈迦岳・比良駅から
d0125589_1310518.jpg

           大山口・金糞峠とカモシカ台分岐
d0125589_1311193.jpg

           ダケ道の雪道
d0125589_13113825.jpg

           堂満岳とルンゼ
d0125589_1311584.jpg

           北比良峠から琵琶湖
d0125589_13121859.jpg

           コマヤノ岳に続く稜線
d0125589_13124187.jpg

           八雲ヶ原のスキー場跡
d0125589_13125932.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-01-23 13:18
<< 難所ノ滝の氷瀑と陽だまりハイク 肥前佐賀平野の名山・天山と脊振... >>