紅葉と清水山の歴史を巡る

諏訪神社の銀杏はまだ紅葉していない、10日位遅れているようだ。小川沿いの山麓から自然・歴史を散策しながら進むと清水寺本坊庭園・室町時代終りごろの泉水庭(雪舟作か?)ここの紅葉も少し早い、住職の説明を聴き縁側に座り込むとなかなか良いものだ。五百羅漢、仁王門、長い階段の途中に重厚な造りの山門を潜り、登りきったところが、最澄がネムノキで千手観音像を彫ったことが始まりと云われる天台宗の古刹、清水寺だ。三重塔、乳父観音を見て第三展望台へ、ここからやっと山道を歩き始めた、自然歩道の稜線を廻り山頂の大観望(清水山)に着きました。北北東へ560mで一等三角点丸山の小さな表示を発見、そこで地元のハイカー訪ねると、解り難いので丸山へ案内してくれると言う、ラッキー!車道をしばらく歩くと小さい案内表示がある最近付けられたらしい、そこから藪の中を縫うように歩き予想もしていなかった一等三角点の丸山に着きました。
11月26日・福間6:40⇒7:07博多7:18=8:40瀬高駅~車塚古墳9:05~諏訪神社9:36~眼鏡橋9:45~本坊庭園10:05~五百羅漢10:13~清水寺10:28~三重塔~第二展望台~第三展望台wc~330m清水山11:04~350.5m丸山一等三角点11:24~13:30瀬高駅13:53⇒JR福間・28.000歩・14km
27、清水寺本坊庭園・室町時代終りごろの泉水庭(雪舟か?)
d0125589_5584122.jpg

35、清水寺山門1745年柳川藩6台藩主・立花貞則・建立
d0125589_55953.jpg

42、キジ車「大師最澄を案内したことから」
d0125589_5592594.jpg

45、三重塔
d0125589_5594398.jpg

50、清水山看板「NNEへ560mで一等三角点丸山」
d0125589_60262.jpg

51、大観望(清水山)
d0125589_603282.jpg

52、丸山・一等三角点
d0125589_605440.jpg

59、真っ赤なモミジ
d0125589_611378.jpg

64、瀬高駅のキジ車
d0125589_613229.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-11-29 06:03
<< 筑後平野と筑後川の流れを眺め、... 山伏修業の岩場、岳滅鬼山・英彦... >>