滝をめぐりそして脊振山地二番目の高峰の井原山へ

ハイキングにお誘いを受けたコース見て、当初は沢歩きをと思っていましたが、急に寒くなったので沢歩きは止め、来年の下見も兼ね渡渉を繰り返すハイキングを楽しんできました。今回は水量も多かったようで、途中で何度か躊躇する場面に出遭ったものの、靴を脱ぎ渡渉したのは一度だけでした。個人的には数多くの渡渉を存分に楽しめました。二段の滝で一休み、源流の最後の谷を詰めると縦走路に飛び出しコバノミツバツツジの中を三等三角点がある井原山へ、360度の展望が利き、乾燥していたせいでしょうか眺めがよく北には博多湾に浮かぶ島々、南には有明海に浮かぶ雲仙普賢岳も望めました。木漏れ日が差し美しい自然林の道をゆっくり歩き、ダルメキ谷に出ると再び渡渉が始まりました。水量が豊かなアンの滝をしばし眺め、それから家族ずれのパーテ会い、もうここからは楽に進めるかなあと思っているとなかなかです。子供を二人連れた家族が躊躇しているところに出会い、しばらく家族の行動を見ていました。もちろん靴を脱ぐか、靴のまま歩けば何の問題も有りませんが、そこの(濡れることの拒絶反応と靴を着脱する時間のロス)判断が重要か?。楽しい一日でした、お誘いいただき感謝です。
自宅~福間駅5:55=6:24吉塚駅6:30=7:30・240m瑞梅寺山の家7:40~洗谷登山口7:53~二段ノ滝9:00~955m縦走路9:50~10:17・983.0m井原山10:47~アンの滝11:54~ダルメキ谷~12:30瑞梅寺山の家12:45=吉塚駅14:02発・・19000歩、9km、標高差750m、5時間、快晴
名前が分かりません
d0125589_9172383.jpg

ツリフネソウ
d0125589_9184187.jpg

洗谷の流れを渡渉
d0125589_9194953.jpg

滝の連続
d0125589_920406.jpg

二段の滝
d0125589_9211535.jpg

眼下に広がる博多湾
d0125589_9221530.jpg

木漏れ日差す自然林を歩く
d0125589_9231075.jpg

ツチアケビ
d0125589_9234331.jpg

カミキリムシ
d0125589_9242126.jpg

ダルメキ谷の小滝
d0125589_925151.jpg

アンの滝
d0125589_9254461.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-09-26 09:27
<< 企救自然歩道からの展望を求め縦... 玄界灘の海岸(津屋崎浜・恋の浦... >>