京都天王山から十方山

 踏切を渡ると天王山登り口の標石がある、宝積しゃく寺の仁王門を潜り三重塔、本堂の奥からつづら折りの道を上っていくと青木葉谷展望台が有り、淀川と生駒山が眺められる。さらに進み旗立松の展望台から淀川は見えるが三川合流は見えない、蛤御門の変の十七烈士の墓、酒解神社進み天王山山頂に出る。
 柳谷観音、小倉神社への道を進み分岐より十方山の向かう木が茂り見晴は無い。引き返し柳谷観音、小倉神社分岐休憩所で一休み、ここから歩き易い下り道をゆっくり進み小倉神社で奉納絵馬2対を楽しんだ後、車道を歩き大山崎に戻り、天下分け目の天王山登頂証明書入手、守る会の方と少しお話して本日のハイキング完了。
 1916年10月29日 清荒神駅7:11=400円大山崎8:25発~宝積寺8:40~旗立松展望台8:57~酒解神社9:20~270.4m天王山9:30~分岐~304.4m3等三角点・十方山10:15~展望分岐10:35~小倉神社11:05~大山崎11:45 晴れ・8km・標高差延400m・15000歩・3時間
  駅から天王山を眺める
d0125589_1713725.jpg

  宝積寺・仁王門
d0125589_17133817.jpg

  宝積寺・本堂
d0125589_1714194.jpg

  青木葉谷展望台から淀川と生駒山
d0125589_17142675.jpg

  270.4m天王山
d0125589_17144287.jpg

  304.4m3等三角点・十方山
d0125589_17145784.jpg

  柳谷観音、小倉神社分岐休憩所
d0125589_17151316.jpg

  観音、神社の厚味のある案内
d0125589_17154036.jpg

  小倉神社奉納絵馬「享儀貮年」
d0125589_17155959.jpg

  小倉神社奉納絵馬「文政十年」
d0125589_17162040.jpg

  天下分け目の天王山登頂証明書
d0125589_17164386.jpg

[PR]
# by masa32jk3mce | 2016-10-30 17:19

行者山東観峰(前衛)からゆずり葉分岐を経て六甲縦走路を歩く

 駅から結構な坂を登り200m青葉台入口へ、ところがここからが堰堤斜面、ロープが張られた急斜面を登りやっと尾根に出て大休止、お勧めしません。
 傾斜の有る登りをゆっくり登り行者山東観峰にてコ―ヒータイム、東に開け大阪平野、生駒山方面の眺めは素晴らしい、初日の出には大勢の方が登られるらしい、ただし光が丘からです。
 行者山へ向かい更に進みゆずり葉下分岐から六甲縦走路へ登り返す、走路横の展望から東観峰・行者山・甲山を眺め楽しむ、岩倉反射板では見晴らしを楽しみ陽だまりの休憩。三等三角点の有る岩倉山経て、東に分岐する尾根を選び進むが、ザラバの道でとても滑りやすく木の枝、根っ子を掴み進むも、下りには選ぶべきでは有りません反省!。 やっと塩尾寺からの道路に出会い一息付けました、甲子園大学食堂に寄り道してランチをいただき今日の疲れを癒しました。
1916年10月27日 宝塚南口7:35~200m青葉台入口8:20~383m行者山東観峰9:10~415m行者山9:35~下の分岐9:45~ゆずり葉分岐六甲縦走路10:10~岩倉反射板10:30~三等488.4m岩倉山10:45~東の峰入口11:00~出口11:25~甲子園大学食堂11:30ランチ11:55~宝塚南口12:30  晴れ・10km・標高差延600m・18000歩・5時間
 宝塚大歌劇場と阪急電車
d0125589_16382632.jpg

 青葉台の入口案内
d0125589_16393028.jpg

 紅葉真っ盛り(柿)
d0125589_1640194.jpg

 アキノキリンソウ(秋の麒麟草)
d0125589_16402290.jpg

 行者山からゆずり葉山並み
d0125589_16404269.jpg

 サルトルイバラの赤い実
d0125589_16464795.jpg

 オトコヨウズメの赤い実
d0125589_16425148.jpg

 スギヒラタケ毒キノコ 20年前までは食べられていた私も何度食べた。
d0125589_16432051.jpg

 ゆずり葉分岐から六甲縦走路
d0125589_16434675.jpg

 東観峰・行者山・甲山
d0125589_1644662.jpg

 ツルリンドウの赤い実
d0125589_16442738.jpg

 岩倉山から派生する尾根、ざらばで滑りやすく危険です。
d0125589_16445033.jpg

 山芋のむかご
d0125589_16451114.jpg

[PR]
# by masa32jk3mce | 2016-10-27 16:47

生駒縦走路から信貴山

 瓢箪山駅から住宅街を抜け、なるかわ谷のコースを歩きスカイライン出合の鳴川峠、ここで一休み。ここからは生駒縦走路を南にアップダウンを繰り返しながら進む、少し早いが鐘のなる展望所でコーヒータイムお握りも食べる。更に赤白の山茶花が咲く縦走路進みトンネルを抜けると一元の宮、ケーブルへの道と分かれ南から東へ下り登り返すと城跡、空鉢護法堂の信貴山山頂、ここは見晴らしが好いところだが残念小雨も振り出した。
 朱塗り鳥居の参道を下り多宝塔、仁王門を出ると巨大な張り子の虎(毘沙門天が寅年・寅の日・寅の刻に現れた)のシンボルが現れる。旧ケーブル下の道を真直ぐ下り住宅街を抜け近鉄の駅へ。
1916年10月22日 清荒神駅6:20=280円大阪7:09=180円鶴橋7:25=260円10m7:47瓢箪山駅7:50~鳴川谷口8:35~水車小屋跡8:55~405m鳴川峠9:20~鐘のなる展望所10:00~十三峠10:35~487m一元の宮(高安山)11:30~437m信貴山11:55~朝護孫子寺12:20~13:30近鉄信貴山下  29,000歩・曇り・16km・標高差延650m・5時間
 なるかわハイキングコース案内
d0125589_145157.jpg

 水車小屋跡
d0125589_1451276.jpg

 あきちょいじ 秋丁字 多年草
d0125589_1452192.jpg

 鳴川峠の石佛
d0125589_14524429.jpg

 ヤクシソウ 薬師草 2年草
d0125589_1453067.jpg

 ユーモアのある誘案内
d0125589_14532591.jpg

 鐘のなる展望所の愛のカギ
d0125589_145344100.jpg

 展望所の生駒山
d0125589_14554954.jpg

 エビツル・蝦蔓の実
d0125589_14565457.jpg

 十三峠の石佛
d0125589_14571618.jpg

 信貴城跡
d0125589_14573941.jpg

 奥の院に向かう朱の鳥居
d0125589_1458124.jpg

 437m信貴山山頂
d0125589_14581817.jpg

 多宝塔
d0125589_14583577.jpg

 シンボル・張り子の虎
d0125589_14585295.jpg

[PR]
# by masa32jk3mce | 2016-10-23 15:02

「瑞宝寺谷西尾根」有馬・瑞宝寺公園から尾根を経て六甲山頂

 一八丁尾根を登ろうと計画したが工事立ち入り禁止なので、西隣の瑞宝寺谷西尾根を目指します。有馬温泉病院の中で作業中の方にお聞きすると、奥から瑞宝寺公園に抜けられますと教えていただく。さすがに公園の紅葉にはまだ早くちらっと赤いものが覗くだけだ。
 癒しの方面の看板から谷を渡り太鼓滝を楽しみ、更に滝堰堤を越し渡渉すると案内板が有り指示に従い進む。丸木階段を上り展望デッキでゆっくり休む、見晴が悪く景色は楽しめない。筆屋道の出合まで下り、ここから瑞宝寺谷西尾根は始まる、筆屋道と反対の赤い標識の方に進み、距離480m標高差170mの急騰を立木や根っ子を掴み攀じ登る。
 尾根に出てゆっくりお茶を飲み一休み、東に一八丁尾根、西に射場山が観られる。ここからは岩稜交じりの狭い尾根を慎重に登り少し下り更に登り返す、笹原が現れ緩やかな尾根に代わる、笹原を掻き分け進みドライブウェーに出る。六甲山頂にて昼食休憩、東六甲縦走路を歩き宝塚に帰る。
1916年10月20日 宝塚7:20発(次8:20)=430円白水峡霊園7:48~有馬温泉病院8:20~445m瑞宝寺公園8:32~太鼓滝8:43~555m展望デッキ9:20~<急騰>880mドライブウェー11:05~1等三角点931.3m六甲山頂11:18=昼食休憩11:38~東六甲入口11:55~804m水無山12:15~660m船坂峠12:50~3等三角点681.2m大平山13:30~515m大谷乗り越し13:55~350m塩尾寺14:52~40m南口15:30  32,000歩・晴れ・20km・7時間・標高差延1000m
  有馬温泉瑞宝寺公園,
d0125589_14514854.jpg

日暮らしの庭に太閤が紅葉を愛でたか

 少し早い紅葉が碧空に映える
d0125589_14551791.jpg

 癒しの方面の看板から谷を渡る
d0125589_14554214.jpg

 太鼓滝
d0125589_14563024.jpg

 谷を渡渉
d0125589_14565266.jpg

展望デッキ
d0125589_14571545.jpg

 デッキからの風景案内図
d0125589_14574972.jpg

 沢蟹
d0125589_14581016.jpg

 ソヨゴの赤い実
d0125589_1545572.jpg

 1等三角点931.3m六甲山頂
d0125589_14591182.jpg

 秋グミの実・六甲山頂にて
d0125589_14592731.jpg

 シラキの紅葉始まる
d0125589_1553088.jpg

ウリハダ楓の紅葉始まる
d0125589_1514653.jpg

[PR]
# by masa32jk3mce | 2016-10-21 15:07

京都東山トレイル(伏見稲荷~蹴上)

 国際色豊かな大勢の人々と伏見稲荷大社の大鳥居を潜り、本殿の奥から始まる千本鳥居を通り、奥社の京都一周トレイル「東山1」の道標から鳥居の下を歩き四つ辻に到着。ベンチがあり眺望も良く一休み、稲荷山への石段を登り山頂を回る周回コースから四つ辻に戻り、稲荷ずしとスープで腹ごしらえする。
 「東山2」の道標からはハイカーだけになる、住宅街へ下り少し登り返すと泉涌寺、ここの道標は解り難い、更に下り再び住宅街を抜けて山道に入る。国道1号を渡り清水山に登る山道に入る、山頂の三角点は道から少し入る。ここからは気持ちが良い道が続き登り返すと東山山頂公園、ここでコーヒータイム大文字山、比叡山は雲に隠れている。
 歩き易い下り道を進み尊勝院の庭を横切り階段を下り鍛冶神社、蹴上には向かわず知恩院から鴨川を渡り河原町駅に着く。
1916年9月24日 伏見稲荷駅8:55~四つ辻9:45~233m稲荷山10:10~四つ辻10:40~泉涌寺11:00~三等242.5m清水山12:17~東山公園12:45~鍛冶神社13:23~知恩院13:34~河原町駅14:00   24000歩・曇り・12km・標高差延500m・5時間
  伏見稲荷の案内図
d0125589_13481750.jpg

  門前の出店
d0125589_13373215.jpg

  大鳥居と本殿
d0125589_13374890.jpg

  青空に映えるお稲りさん
d0125589_1338826.jpg

  お稲りさん
d0125589_13382784.jpg

  朱い千本鳥居
d0125589_13485664.jpg

おもかる石、燈籠の頭の部分
d0125589_13502750.jpg

 四つ辻の茶屋
d0125589_13392190.jpg

  街並みと西山
d0125589_13514165.jpg

  稲荷山山頂233m
d0125589_1340085.jpg

  清水山三等三角点242.5m
d0125589_13404817.jpg

  東山山頂公園
d0125589_1341772.jpg

  知恩院
d0125589_13412461.jpg

[PR]
# by masa32jk3mce | 2016-09-25 13:52