<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

観音山~ごろごろ岳を楽しむ

 夙川駅で待ち合わせをして川沿いの遊歩道を進み銀水橋で小休止。公園の北山池を巡り、岩場通過中に久しぶりに彼女に出会いしばらく昔話をする。貯水池から鷲林寺(山号・六甲山)観音谷周りで登り、観音山にて暖かい日差しを浴びながら昼食をいただく、ここからの展望は良く甲山や歩いてきた公園・貯水池が真下に、しかし大阪平野は雲に覆われ霞んでいた。
 快適に尾根を進みごろごろ岳(雷岳・5656)で一休み、ここでまたも懐かしい岳友に会いお互いに元気でハイキングをしている事を喜び合う。ここで右に曲がるところを真直ぐ進み鉄塔のところで気が付き引き返す、話に気を取られ彼が来たコースに進んでしまった。尾根を柿谷に向かい進む、分岐が沢山あり注意しながら歩き水車谷バス停に出る。

2014年12月10日 阪急夙川駅9:00~銀水橋9:30~北山貯水池10:30~鷲林寺11:00~526m観音山11:50昼食12:20~565.3mごろごろ岳13:00~水車谷14:20~芦屋川駅14:40
12km、5時間・26,000歩・晴れ
夙川遊歩道
d0125589_10293664.jpg

北山池
d0125589_10295130.jpg

左・ごろごろ岳 右・観音山
d0125589_10301599.jpg

北山貯水池から甲山
d0125589_10303134.jpg

鷲林寺(山号・六甲山)
d0125589_10304998.jpg

観音山
d0125589_1031584.jpg

山頂から北山貯水池と甲山を眼下に
d0125589_10312011.jpg

ごろごろ岳(雷岳・5656)三等三角点
d0125589_10313917.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2014-12-12 10:35

「ブナ林と初冠雪、比良山の横断登山を楽しむ」

新快速の車両で同行者と乗り合わせ、JR・バスを乗り継ぎ終点の葛川細川から歩き始める。堅田駅から眺めた蓬莱山は真っ白に耀いていたので、武奈ヶ岳の初冠雪を期待して急登の植林帯をゆっくりと1時間進み葉がすっかり落ちたブナ林の中で早めの昼食をいただく。
ブナ林と雑木が交わる標高1000m位から真っ蒼な空に白く耀く霧氷が現われる。深いところでは20センチ位の雪を踏みしめ稜線に飛び出す、霧氷に覆われた樹林帯が眼下に飛び込んでくる。誰もいない山頂で暖かい飲み物をいただきながらシーズン初の雪景色を堪能する。
ストックを支えに滑りやすい急坂を丁寧に下り、スキー場跡を抜け八雲ヶ原、少し上り返し青い琵琶湖が眺められる北比良峠、そしてダケ道をゆっくり歩き正面谷に架かる小橋渡り大山口、小望月を眺め比良駅に到着。

2014年12月5日 8:21堅田バス8:50=1200円=細川250m出発9:45~10:43昼食11:02~13:13武奈ヶ岳13:30・1214.4m~14:30八雲ヶ原910m少し➚~14:50北比良峠980m~16:05大山口400m~16:25イン谷口253m~17:03・90m比良駅17:06発
 12km・7時間20分・25,000歩・晴れ

霧氷の中を歩く
d0125589_145627.jpg

堅田駅から真っ白な蓬莱山
d0125589_14565830.jpg

ブナ林を歩く
d0125589_14571715.jpg

霧氷の中進む
d0125589_14573945.jpg

雪道の細川尾根
d0125589_14575687.jpg

尾根の途中から西南稜の肩
d0125589_14581584.jpg

コヤマノ岳西面のブナ林に咲く霧氷
d0125589_14583518.jpg

山頂の六地蔵
d0125589_14585134.jpg

山頂・武奈ヶ岳
d0125589_14591234.jpg

スキー場跡から武奈ヶ岳を振り返る
d0125589_14592935.jpg

北比良峠から琵琶湖を一望する
d0125589_14594412.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2014-12-06 15:03