<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鋸山・国東半島

 中山香駅から5kmの車道ウオーキング、駐車場・wcある登山口から植林の道を進み登りきると大観峰が望める南尾根ピーク、給水タイムを取る。一旦下りロープ沿いに登り返し細い岩稜を登ると大観峰、遠くに周防灘・鶴見岳・由布岳を望み、振り返ればこれから歩く八方岳に続く奇岩怪石の絶景だ。
 垂直の壁に着けられた鎖を頼りに下り、トラバース気味に八方岳の取り付き点に出る。鎖が設置された細い岩稜を登り、新しく設置された「地籍図根三角点」がある八方岳で一休み、山口宇部から来た3人パーティーとすれ違う。
 鎖がつけられ狭い岩稜稜線を下ったり登ったり繰り返し股覗き岩に出る、ここから覗くと北側に広がる岩尾根の中に太陽石の怪石が飛び込んでくる。さらに続く岩稜稜線ではすれ違いは危険、5人パーティーに道を譲ってもらい進む。今日はすごく寒く暖かい日差しを受け無名岩で昼食タイム。
 見返り岩の分岐で熊野磨崖仏へ向かい、急な下りを滑らないように歩く。日本一雄大な石佛の熊野磨崖仏「右に大如来像・左に不道明王像」しばし見入る。さらに鬼が一夜で築いた石段を下り拝観料200円を納める。

鋸山(田原山)国東半島(中山香2420円)福間5:39=中山香8:33~305m登山口9:43~542m大観峰10:25~八方岳「地籍図根三角点」10:44~無名岩11:35~見返り岩分岐11:45~熊野磨崖仏「拝観料200円」12:05~車道12:16~13:20中山香1333=福間・青春きっぷ
晴れ・21,000歩・山2.5km・車道10km=12.5km・2013年3月11日

鋸山全景
d0125589_13441824.jpg

鋸山登山案内図
d0125589_13444160.jpg

南尾根ピークから大観峰
d0125589_13445660.jpg

大観峰から八方岳
d0125589_13452024.jpg

大観峰から鎖を伝い降りる
d0125589_13453689.jpg

八方岳へ登る小尾根
d0125589_134615.jpg

八方岳から遠くに鶴見岳・由布岳
d0125589_13462229.jpg

八方岳から大観峰
d0125589_13464649.jpg

鉄梯子を登り股覗き岩に出る
d0125589_1347634.jpg

北側に広がる岩尾根
d0125589_13472880.jpg

岩稜通過中の5人パーティー
d0125589_13483796.jpg

イワヒバ(巻柏)が群生している
d0125589_13485847.jpg

不道明王像
d0125589_13492974.jpg

大如来像
d0125589_13494810.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2013-03-13 13:55

臥龍梅と三池山

 一度は見る価値が在ると云われている普光寺の(樹齢400年)臥龍梅を訪ねる。丁度満開で大勢の花見客で境内は一杯、真っ青な空に赤い梅の花とのバランスが微妙に冴え、メジロ、ヒヨドリも飛び交っている。
 ここからゆっくり登り始め三池宮で一休み、社殿の北に名前の由来とされる池が三つある。赤い花が咲いているヤブ椿林を抜け、急な坂道をひと登りで三角点がある北の峰、草原を歩き南の峰で暖かいひざしを受けお昼にする。ここからは有明湾の向こうに雲仙岳が雲の上に浮かび、小岱山も近くに見える。
 草原を歩き樹林帯を抜けると林道に出る、竹林が続くそして、蜜柑、枇杷、ブドウの果樹園を通り、乙宮の集落から更に米の山バス停まで歩く。

  福間8:03=1770円9:59大牟田10:10バス=270円普光寺バス停10:30~10:40普光寺200円・臥龍梅11:00~11:35三池宮11:43~11:55「388.1m三等三角点」三池山・昼食12:15~林道出合12:30~13:05米の山バス停13:17=240円大牟田
2013年3月6日・晴れ・15,000歩・6.5km・青春きっぷ

普光寺・臥龍梅
d0125589_2013169.jpg

普光寺・枝垂れ梅
d0125589_20132857.jpg

メジロ
d0125589_20134593.jpg

三つ池の一つ
d0125589_20141228.jpg

三つ池の伝説
d0125589_20143068.jpg

ヤブ椿の小道
d0125589_2015441.jpg

三池山・北の峰
d0125589_20152247.jpg

小岱山
d0125589_20155310.jpg

コース案内板
d0125589_20162176.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2013-03-07 20:19

東回りで九千部山を歩く

2013年3月2日
 先月西回りに歩いたので今度は東回りで、彼女がネットから見つけたコースを参考に歩き始める。RCゲレンデを見学した後、あまり歩かれていない林道を進む、腐りかけた丸木橋二か所恐々渡る。広場からは山道を登り雲野分岐で御手洗の滝コースと合流、石谷山までの500mは長く感じられた。
 山頂は日も差さず、冷たい風が吹き抜け小雪も舞い休みもそこそこに歩き始め、三領境峠からは九州自然歩道を前回とは反対に北に向かう。天気の回復が遅く九千部山頂もすごく寒い、小さな流れを渉り四阿屋コースに出る。地図と磁石で現在地を確認して進む、薄日が差しベンチも有るので昼食とする。
 ブナと大きな岩が点在し雰囲気の良い山道を歩く、しかし直ぐに植林帯の急で滑りそうな下り道をゆっくり降りる。大きな岩の前に四等三角点、丸木階段が林道まで続き、しかも踏みしろが無く歩きにくい。
 途中から尾根道に取りつき藪っぽい道を歩くも最後は登山道に合流、直ぐ城山分岐、トラバース道を歩き大谷分岐からは階段道が頂上まで続く。勝尾城址は伐採され公園整備中か、三角点がある物見岩で休憩、八朔を美味しくいただいた。新しいロープが張られた城址から、雨水でえぐられた道を慎重に歩き筑紫氏館跡の広場、階段を下りて駐車場へ帰る。

吉塚駅6:40=車=7:40・200m筑紫宮「WC、P」~RCゲレンデ7:55~林道8:20~鉄塔8:40~雲野峠8:55~雲野分岐9:00~「754.4m三等三角点」石谷山9:25~「847.5m二等三角点・WC、P」九千部山10:25~昼食11:00~四等三角点688.1m~林道11:33~城山分岐12:10~498m城山12:34・四等三角点494.3m~筑紫宮13:40=吉塚駅14:40・24,000歩・11km・曇り一時小雪
東回り略図
d0125589_10583055.jpg

筑紫宮
d0125589_1059932.jpg

RCゲレンデ
d0125589_10593884.jpg

朽ちた丸木橋
d0125589_110417.jpg

石谷山
d0125589_1103224.jpg

三領境峠
d0125589_111644.jpg

九千部山頂
d0125589_1113761.jpg

方位案内
d0125589_112784.jpg

勝尾城址
d0125589_1124516.jpg

勝尾城筑紫氏遺跡案内
d0125589_113985.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2013-03-05 11:09