<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

マニアックなコースから金山へ・脊振山地

     水曜日は天気が良さそう山に行こうと誘われ出かける。千石の登山口で脊振山地を裏庭にしている女性と合流し4名で出発、最初から急な登り最後尾を何とか付いて行くが、息も荒く休憩でホッとする。遊歩道の案内板を横目にトラバース気味に歩き、坊主ヶ川支流の徒渉地点に下り水流に靴を濡らし渉る。
     いよいよマニアックな尾根の登りになる、ストックと立木に掴まりながら木々の間を縫うように後から着いて行く、Lは少ないマーキングも当てにせず足早に登り、一度の休憩もなく一時間弱でいっきに登ってしまう、スーパー女性3名に恐れ入る。
     ピークで風を避けブナの木の下でお菓子とコーヒーをいただき一休み、雪が積もった稜線を楽しみながらゆっくり歩き、一等三角点が設置されている金山山頂に着く。ここで私と2名はアイゼンを装着、凍てついた道を慎重に足場を選び30分下りアイゼンを外す。25番分岐に戻り軽い昼食をいただく、登山口から私だけは初めてなので少し登り返し、水量豊かな坊主ヶ滝を見学する。

     吉塚6:30=車=300m千石登山口7:50~510m25番分岐8:31休憩~26番分岐8:50~600m徒渉地点8:55~マニアックな尾根を登る~915m縦走路9:47休憩~一等三角点967.2m1℃金山10:22アイゼン3名装着~アイゼン取り外す10:57~26番分岐11:22~25番分岐11:37軽食11:55~登山口12:18~坊主ヶ滝12:30~登山口12:40・車=吉塚13:30
「女性三名と」17,000歩・8km・曇り・4時間50分・2013年1月23日

          略  図
d0125589_1913611.jpg

          登山口の金山現地案内板
d0125589_19133363.jpg

          坊主ヶ川支流
d0125589_19141839.jpg

          徒渉地点
d0125589_19144594.jpg

          マニアックな尾根の始まり
d0125589_19152213.jpg

          残雪が出てくる
d0125589_19155081.jpg

          脊振山地縦走路
d0125589_19163165.jpg

          雪道を進む
d0125589_1917183.jpg

          鍋島藩番所跡
d0125589_19181047.jpg

             坊主ヶ滝・落差15m
d0125589_19193846.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2013-01-24 19:26 | Comments(0)

立花山へ雪見ハイキング

     前日の夕刻からめずらしく雪が降り出す。朝起きると一面雪の世界、さっそく近場の立花山に雪見ハイキングに出かける。平山から薄らと雪をかぶった白岳を眺める。雪かきしている方に大丈夫かなと声を掛けられ気を引き締め、雨合羽、ザックカバー、ストックを準備して雪道を歩きだす。
     木々からは解けたしずくが小雨のように降り注ぐ、急登の雪道を滑らないように慎重に一歩一歩進む。白岳山頂は積雪10㎝位ある、下って登り返し松尾山、もう一度登り広い立花山山頂で雪景色を楽しみながら早めの昼食タイム。ハイカーが少ない雪で車が動かないのかな?
     どろ交じりの雪道を滑らないようにストックを利かせ下り、広い縦走路歩き三日月山へ、山頂でゆっくりとコーヒータイム30分も休んだ。緩やかなつわぶきコースを下り下原登山口に出ると、すっかり雪は無くなっている。温かい日差しを背に受け駅に向かう。
2013年1月18日・曇り・積雪10㎝
福工大駅9:08~平山登山口9:59~315m白岳10:34~343m松尾山10:50~367.1m・3等△11:10立花山11:25~272m12:00三日月山12:30~下原登山口13:00~九産大駅13:25・9km・18,000歩
 
メジロ
d0125589_20522629.jpg

白岳・立花山・三日月山の略図
d0125589_20543566.jpg

白岳、奥は松尾山を平山から望む
d0125589_20545966.jpg

雪の登山道
d0125589_20562972.jpg

白岳山頂
d0125589_20574257.jpg

松尾山
d0125589_20585151.jpg

立花山山頂
d0125589_210112.jpg

三日月山
d0125589_21145.jpg

宮地嶽神社
d0125589_2121999.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2013-01-19 21:05 | Comments(0)

明けましておめでとうございます

2013年第一回目のブログです、今年もよろしくお願いします。(昨年は39回作成)
冬の風物・1m強のソデイカを宮地浜にてゲット、遠くは渡半島の大峰山・1月7日
d0125589_1133077.jpg

渡半島の景勝地・波に洗われる「クグリ岩」大潮のとき中に入れる・1月10日
d0125589_1141114.jpg

クグリ岩を抜けた所の景色
d0125589_1144252.jpg

荒波とウミウ海鵜
d0125589_115575.jpg

     今日の最高気温は8℃の予想風も無くウォーク、ハイク日和、手光波切不動古墳から定礼公園を経てみずがめの郷を一周して八並西登山口ここまでウォーキング。
     早朝ハイクをしている多くの方とすれ違いながらゆっくり上る。金魚池と呼ばれている井戸跡を抜け胸形氏の山城跡の許斐山山頂、北に展望が開き、宗像四塚が玄界灘まで続いてる。 王丸このみ公園への階段を一気に公園へ下り、善徳寺から歩き易い宗像尾根道を登り返し再び許斐山山頂へ、福間尾根道を下り八並東登山口にでる。
     歴史ウォークを兼ね唐津街道の畔町宿場跡、そして西郷川沿いの歩道をのんびり歩き福間駅に出た。
2013年1月9日   自宅9:20~手光波切不動古墳9:53~みずがめの郷10:24~13,900歩・八並西登山口11:24~271.0m三等三角点・11:56許斐山12:15~王丸このみ公園12:33~王丸宗像尾根道入り口12:45~許斐山13:20~25,650歩・八並東登山口13:57~畦町宿場跡14:20~西郷川~33,750歩・福間駅15:00

手光波切不動古墳
d0125589_1162223.jpg

定礼公園「国民健康保険制度ゆかりの地」
d0125589_117665.jpg

定礼説明
d0125589_117587.jpg

みずがめの郷から見る許斐山このみやま
d0125589_1183124.jpg

みずがめの郷の馬場
d0125589_119541.jpg

許斐山山頂・胸形氏の山城跡
d0125589_1193275.jpg

山頂から宗像四塚「右から城山・金山・孔大寺山・湯川山」
d0125589_1110290.jpg

このみ公園の案内板
d0125589_11103721.jpg

唐津街道の畔町宿場跡案内板
d0125589_11111911.jpg

西郷川花園「秋のコスモス祭り」
d0125589_11114672.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2013-01-11 11:21 | Comments(0)