<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

荒平山から油山へ森林浴を楽しむ

 カジカの鳴き声が聞こえるしんぺい川沿いを歩き、林道の終点から登る、階段もあり結構ハードだ。入部との分岐から安楽平城跡の荒平山へ、木々の間から油山が望めた。三の丸跡を通り鞍部まで下り、涼しい風が吹く中、300m登り返しベンチがある油山へ、山頂の気温は20℃おかげで歩き易い。
 バス一台乗り遅れたので片縄山への縦走は次回にする。尾根を北に歩き國見岩、二等三角点を確かめ、少し先から右に藪ぽい下り道を歩き、手入れされず落ち葉で滑りやすい市民の森を抜け車道に出る、遊歩道の案内板に従い進み花畑園芸公園に着いた。

2012年6月13日
福間8:43=9:16博多9:51=630円・谷バス停11:00~しんぺい橋~登山口11:34~四等394.9m荒平山12:05~597m油山13:00気温20℃~569.4m二等三角点13:23~国見岩~公園西口14:00~花畑園芸公園14:40~公園バス停15:07=460円博多・8km・晴れ20,000歩

荒平山から油山と片縄山への略図
d0125589_9351425.jpg

しんぺい川
d0125589_9354863.jpg

入部と荒平山への分岐
d0125589_9361667.jpg

安楽平城跡、荒平山
d0125589_9365246.jpg

荒平山から油山を望む
d0125589_9371484.jpg

油山山頂
d0125589_9381676.jpg

國見岩
d0125589_9385249.jpg

稜線上の二等三角点
d0125589_9395226.jpg

あまちやつる
d0125589_9404299.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-06-16 09:45 | Comments(0)

クスノキの原始林をゆっくり歩く

市民の憩いの山で一番の急騰コース平山から椿の木立、ロープの助けを借り歩き、汗が吹き出す頃誰もいない白岳へ、咲き終わっているがカノコ草の群落(見ごろは5月上旬)が保護されている。一旦下り登り返し松尾山、ここからは宮地浜や東郷公園の大峰山が見える。城の石垣跡を抜け、憩いの場の立花山(井楼山)へ着く、平日にも関わらず多くのハイカーがくつろいでいる。
600本程が自生している、特別記念物のクスノキ原始林に沿った東回り登山道を歩き、分岐の標識からはゆったりとした自然歩道を進む。蝶が戯れている広い三日月山の山頂へ、此処も多くのハイカーが360度の展望を楽しんでいる。
尾根を南に進み、途中から長谷尾根に乗り換えると、ハイカーが居なくなり静かな歩きが楽しめる。長谷ダム横の階段を下り、集落の横からマーキングを頼りに、蜘蛛の巣避けながら藪道を歩き、竹藪を抜けると城ノ越山に到着。小さく尾根乗り換え鉄塔を目印に進む、二つ目の鉄塔から下り三日月湖の明神橋に出た。

2012年6月6日(水)晴れ、38.000歩、19km、7時間、27度、220、270円
福工大駅9:15~平山登山口9:53~315m白岳10:34~343m松尾山10:49~367.1m・3等△立花山11:14~大楠林廻り~272m三日月山12:04~245.4m四等三角点12:15~13:12長谷ダム14:02~長谷分岐14:33~180m城ノ越山14:50~鉄塔15:15~鉄塔15:35~明神橋(三日月湖)15:40~16:20香椎駅16:29

左から立花山、松尾山、白岳・宮地浜からの眺め
d0125589_1733122.jpg

立花山・三日月山略図
d0125589_1733745.jpg

白岳山頂(カノコソウの群落がある)
d0125589_1735017.jpg

立花城古井戸跡
d0125589_17351732.jpg

立花山の広い山頂
d0125589_17354792.jpg

長谷尾根と城ノ越山
d0125589_1736321.jpg

登山道から見るクスノキ(森の巨人たち100選)
d0125589_1737761.jpg

分岐道標
d0125589_17373543.jpg

三日月山の標板
d0125589_17381554.jpg

キアゲハ(黄揚羽)
d0125589_1739499.jpg

ヒメジオン(姫女苑)に止まるツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)
d0125589_17394882.jpg

長谷ダム登山口
d0125589_17414693.jpg

長谷ダムと登山道案内
d0125589_17422519.jpg

揚水出口の河童、向かいが城ノ越山
d0125589_17425257.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-06-08 17:49 | Comments(0)

若松半島の峰々を歩く

  渡船から洞海湾を跨ぐ赤い若戸大橋を見上げ若松に着く、レトロな赤煉瓦造り若松ビル、石炭会館、ごんぞう小屋を見て火野葦平資料館も覘いてみた。若松お土産コンテストでグランプリを取った福島屋の桜羊羹を購入、さらにカトリック教会へ、そして白山神社の石段を上がり、河童封じの地蔵尊があり広い高塔山公園で休憩、仏舎利塔に立ち寄る。
  やっと観光からハイキングへ、歓迎するように夏鳥「ホトトギス」の鳴き声が響き渡った。玄海遊歩道を西に進み若松で一番高い石峰山、そしてのろし台跡(龍王山⇒六ヶ岳⇒石峰山と伝わる)で1000km以上飛翔する蝶アサギマダラに逢えた。
 道標のグリーンパークに従い竹林の中を抜けだだっ広い弥勒山、樹林に囲まれ見晴らしは無い。集落に出 て西側の白山神社鳥居を潜り白山頂上へ出た。グリーンパークは火曜日休み(知らなかった)バラ園を見損ない、花房小学校からバスに乗車。

福間8:45=720円・戸畑9:34=100円9:56若戸渡船10:00=若松~赤煉瓦造り若松ビル10:08~ごんぞう小屋10:11~火野葦平資料館10:12~福島屋の桜羊羹10:27~カトリック教会~白山神社10:55~122m高塔山(河童封じの地蔵尊)11:17~仏舎利塔11:51~藤ノ木峠12:15~302.4m石峰山12:44~のろし台跡13:06~194m弥勒山14:00~白山神社鳥居14:25~171m白山14:40~15:00花房小学校15:15=バス=二島駅=630円・福間・晴れ・14km・27,000歩

渡船から若戸大橋を見上げる
d0125589_631280.jpg

若戸渡船、乗船時間3分間
d0125589_631351.jpg

若松側より洞海湾をはさみ、皿倉山を見る
d0125589_6314761.jpg

赤レンガの若松ビル(旧古河鉱業)
d0125589_63150100.jpg

ごんぞう小屋(レトロな休憩所)(石炭荷役する沖仲)
d0125589_6324057.jpg

火野葦平資料館
d0125589_6324747.jpg

カトリック教会入り口
d0125589_6333510.jpg

白山神社(若松には3の白山神社がある)
d0125589_6334124.jpg

色絵武者図磁器絵馬(享保2年奉納)
d0125589_6343380.jpg

高塔山にある河童封じの地蔵尊
d0125589_6344264.jpg

仏舎利塔(1957年インドから仏舎利が贈られた)
d0125589_6353189.jpg

石峰山(若松で一番高い)
d0125589_6354029.jpg

アサギマダラ1000km以上飛翔する蝶
d0125589_6363370.jpg

玄海遊歩道の案内板
d0125589_6364167.jpg

西側の白山神社鳥居、後ろは「くろがねもち」の大木
d0125589_6372968.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-06-01 06:43 | Comments(0)