<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヤブと快適な登山道が混在する里山を一周

海老津駅の南側に在る金比羅宮に行く、遊歩道はまだ八重桜が咲いている、黄色いヤマブキは今が盛りだ。階段178段を登り金刀比羅神社へ、ここで一息入れ四等三角点の金比羅山山頂に登るが見晴らしは無い。少し先の道標、白谷(戸切小学校)・百合野の分岐から分れる。
いよいよ孟宗竹の竹やぶをコンパスとマーキングそして枯れた竹に遮られ、潜ったり踏み越えたりして1時間強掛かり戸田山西峰に着く、一番難しいところは通過か。マーキングは南に続いているが東側に進む、鞍部まで下り、竹、木々を掴まりまっすぐ登り返し戸田山頂上、よくよく見ると三角点は二等だ。日陰で昼食をいただく。
南東の尾根を下る、フデリンドウがそこかしこに咲いている。宗像側に下りる分岐からは岡垣村の境界石を頼りに県道の岡垣宗像境界に出た。垂れ下がっていた赤布から急騰を登る、ここも岡垣村の境界石があり登山道では無くモトクロスのコースに成っているようだ。
四等三角点のピークからは快適なハイキングコース、アリーナヶ丘から直ぐに馬頭岳、ますます快適な登山道を進み、休憩したくなる鉄塔広場の先が展望台だ。コーヒータイムしかし黄砂のため見晴らしは利かない。広くゆったりとした道を歩き、馬頭まで3.4kmの道標が在る村落に出た。

簡単な略図
d0125589_1542952.jpg

ヤマブキ
d0125589_15422687.jpg

金比羅宮
d0125589_15424413.jpg

金比羅山・四等三角点
d0125589_1543495.jpg

戸田山・二等三角点
d0125589_15432940.jpg

フデリンドウ
d0125589_15435091.jpg

馬頭岳
d0125589_1544778.jpg

展望台
d0125589_1544254.jpg

宗像四塚連山
d0125589_1544429.jpg

案内道標
d0125589_15466100.jpg


2012年4月24日・晴れ・夏日・13km・6時間・29.000歩
福間9:11⇒360円・海老津9:38~133m金比羅宮10:07~148.4m四等・金比羅山10:15~<竹ヤブ地帯・コンパス要>~210m戸田山西峰11:27~267.1m二等三角点・11:51戸田山12:07~<境界を進む>~115m県道87号12:30~四等12:58~205mアリーナヶ丘13:05~209m馬頭岳13:10~182m展望台13:44~八反田分岐14:08~戸切分岐14:18~10m馬頭まで3.4km道標14:40~千代丸14:46~海老津15:35
[PR]
by masa32jk3mce | 2012-04-25 15:51 | Comments(0)

宗像四塚連峰、城山・金山・孔大寺山から湯川山14kmを歩く

2012年4月18日(水)晴れ・14km・32000歩・6時間15分

駅に近く市民に人気の城山へはスダジイ、アカガシ、ヤブニッケイ、イヌシデ、コナラ等の自然林が豊かな周遊道を楽しみ、イロハモミジの大木を過ぎると展望が良い山城跡の山頂だ。一息入れ縦走を始める、今日は気温も低く良いコンデション、それでも袖をまくり急斜面を石峠まで下り、急登を上り返し金山南岳、日が当たるところにはフデリンドウが咲いている。
北岳からは孔大寺山が目の前に迫ってくる、地藏峠から昨年も苦しかった照葉樹林の急な登りをゆっくり歩く。孔大寺山山頂で遅い昼食、急斜面、緩やかな尾根、急斜面の下りを繰り返し国道の垂水峠へ出て、根本から分かれたマテバシイに囲まれた急斜面を、ロープを掴みながら歩く。
玄界灘を望む草原の湯川山山頂へ、眼下に地島、先月ウォーキングした大島が広がる展望を存分に楽しみ、里に下りると色とりどりの花盛りだ。

オドリコソウ
d0125589_9543685.jpg

手前は金山かなやま、雄大な孔大寺山こだいじやま
d0125589_9545945.jpg

城山じょうやま山頂の鯉幟
d0125589_9552166.jpg

フデリンドウ
d0125589_9555745.jpg

尾根の照葉樹林
d0125589_956398.jpg

ムサシアブミ(武蔵鐙)
d0125589_95853.jpg

ムラサキマムシクサ
d0125589_9583254.jpg

西・宗像郡、東・遠賀郡の垂水峠
d0125589_9585610.jpg

湯川山山頂・二等三角点
d0125589_9591644.jpg

左・大島、右・地島
d0125589_9594115.jpg

承福寺境内にて
d0125589_100759.jpg


福間8:45⇒270円・教育大前9:00~登山口9:11~周遊道~10:10三等三角点(2.4k)城山369.3m10:23~石峠10:45~南金山11:05~(2.2k)11:16四等三角点・北金山317.4m~(1.5k)11:50地藏峠200m~(1.8k)12:43三等三角点・孔大寺山499.0m12:53~(1.1k)松尾325mP13:19~垂水峠13:39~(2.5k)14:33二等三角点・湯川山471.4m~(1.5k)承福寺15:05~(1k)15:15末元バス停15:32=440円赤間駅
[PR]
by masa32jk3mce | 2012-04-20 10:06 | Comments(0)

立花古道と寝太郎山のネーミングに釣られ

5時に家を出る、西郷川に出合うと白み始め川沿いにウォーキング、菜の花が満開の花園からさらに進みホタルの里でゆっくりとサクラの園を楽しむ。大根川のサクラ並木へ来ると薦野です、裾野を回り込み林道脇ににマーキングされているところから取り付く、倒木も多く獣道を掻き分けるように立花古道縦走路の尾根にでる。二の丸への急な道を歩き、空堀を抜けると薦野城の本丸跡です。「立花道雪・宗茂の忠臣の薦野三河守増時の城だ、宗茂は初代柳川藩主」
戦国時代の激戦地、立花城への間道・立花古道縦走路をマーキングとピークでは地形図にコンパス当て確認しながら登り下りの厳しい古道を歩く。白木越で前回の犬鳴尾根と反対側の西に進み電波塔がある久山山頂(今回一番の標高)に出る。
山頂から南西方向に薬王寺峠へ下る、登り返しが厳しく木立に助けられながら大目配山頂へ着く。ここからは下りだが右へ左と注意しながら、特に奥深立山頂からの出始めは引き返す様に下り林道に出た。マーキングから登山道に入るが地形が複雑、逆の時は古いマーキングが有り難しい。三市町岐れからは方向が北に変わる、そして名前がユニークな寝太郎山、残念だが鉄塔が立っている。的野越の標識から林道下り立花古道の完了、約6時間掛かった。

本木川自然公園・ホタルの里「さくら」
d0125589_919599.jpg

枝垂桜
d0125589_9202166.jpg

薦野城(城の山)・清瀧から
d0125589_920412.jpg

大根川のサクラ並木
d0125589_9205841.jpg

薦野城(城の山)三等三角点291.3m
d0125589_9211959.jpg

白木越
d0125589_922196.jpg

久山・四等三角点510.8m
d0125589_9221543.jpg

鬼王山476m
d0125589_9223693.jpg

京王山408m
d0125589_9225648.jpg

大目配(スバイ素灰)の案内図・三等三角点409.7m
d0125589_9231571.jpg

奥深立・四等三角点263.1m
d0125589_9233521.jpg

寝太郎山241.1m
d0125589_924574.jpg

立花山(筑前の要害・立花城)寝太郎から
d0125589_9243596.jpg

的野越
d0125589_9245153.jpg

寝太郎山・古賀ダムから
d0125589_9251695.jpg


4月9日(月)晴れ・60000歩
5:00~7:20ホタルの里「桜を楽しむ」8:20~薦野9:25~立花古道縦走路10:05~三等・薦野城(城の山291.3m)10:20~一の丸10:35~米多比越10:58~小野谷分岐11:45~林道12:05~白木越12:10~510.8m四等・久山12:20不入谷分岐12:23~出湯岐れ12:32~476m鬼王山12:48~408m京王山13:08~薬王寺峠13:20~三等・大目配(スバイ素灰409.7m)13:35~263.1m四等・奥深立14:30~林道14:40~三市町岐れ14:45~241.1m補填・寝太郎山15:15~的野越15:25~「立花古道」入り口15:35~古賀ダム15:40~大塚バス停15:58=古賀
[PR]
by masa32jk3mce | 2012-04-11 09:32 | Comments(0)

犬鳴山地の犬・猫の尾根を歩く

4月2日(月)快晴・52000歩
   まだ暗いうちに歩き出す、木蓮が咲き誇り桜も咲き始めた道を進む、工場の横で放し飼いの4~5頭の犬に追いかけられ、犬を見ながら後ろ向きに逃げた。薦野の大根川沿いの桜並木も少し早い、小野谷の林道を歩き、前回は間違えたところを右に直角に曲がり、小川を渡ると虎ロープがある急斜面を直登する。城の山分岐で一息入れ更に進み、林道を経て白木越の峠を通り、鹿見岐れから犬鳴山地を歩く。
   今回は尾根コースを歩き四等三角点にタッチ、古犬鳴北尾根入口を確認してなおも進み、三等三角点の犬鳴山(熊ノ城)を振り出しに古犬鳴の北尾根を歩く、倒木地帯を抜けると忍岳だ。ここから右に曲がり虎ロープを頼りに急斜面を急下降、後は古犬鳴峠まで登り下りの繰り返し、ところどころのピークで直角に曲がるので注意がいる。古犬鳴峠から南尾根に入る、少し迷い峠山に着いた。
   土日の二日間で78km背振山縦走を完歩のメールが入る、おめでとうと返事、只今古犬鳴峠を過ぎたところと返信、迎えに行きますとの返事、甘えることにする。ところがここでコースを間違う、左に曲がるところをマーキングにつられ進み下ってしまい林道に出た。甘えが油断か?猫だまし?
   林道を登り返し、三ツ頭山と猫峠への分岐に出る。気持ちを取り直し猫尾根の出発点(南尾根終了点)、柳原越まで登り(下り)返す。もう30分登ればと思いながら猫尾根を引き返し猫峠に着く。車で篠栗駅にビールの差し入れまでいただいた。
   出てきた動物;本物の犬、蝶、シジュウガラ、鶯、鳩、ほか・地名;鹿・猪・熊・犬・北犬・古犬・南犬・最後に猫そして虎(ロープ)鳴いて吠えられました。

自宅5:00~福間5:35~国道3号6:00~高速6:42~14000歩・薦野6:56~小野谷口7:57~城の山分岐8:20~林道8:37~白木越8:43~560m鹿見岐れ9:00~椿峠9:07~四等三角点9:30~猪野岐れ9:45~古犬鳴北尾根入口9:57~林道10:03~16000歩・三等三角点583.7m10:17犬鳴山(熊ノ城)10:27~古犬鳴北尾根入口10:43~北尾根~528m忍岳10:55~445mどんぐり山11:27~472m宮若山11:44~453m河原山11:50~453.0m四等三角点11:56~古犬鳴峠12:10~南尾根~472m峠山12:50~道間違い林道に下りる。~林道を詰め三ツ頭山と猫峠分岐に出る13:48~柳原越14:40~猫尾根~猫峠15:30・車=篠栗

小野林道入口の解り難い標識
d0125589_23293324.jpg

湖面に映る久山から鹿見の尾根
d0125589_23302435.jpg

鹿見岐れ
d0125589_23312583.jpg

椿峠
d0125589_23315519.jpg

三等三角点・犬鳴山(熊ノ城)
d0125589_23322339.jpg

忍岳
d0125589_23325520.jpg

どんぐり山から
d0125589_23332997.jpg

宮若山
d0125589_2334738.jpg

河原山
d0125589_2334351.jpg

古犬鳴峠の標石
d0125589_2335833.jpg

古犬鳴峠からの案内板
d0125589_23353696.jpg

峠山の標識
d0125589_2336223.jpg

柳原・猫峠・三ッ頭山の分岐案内
d0125589_23363184.jpg

柳原越
d0125589_2337031.jpg

猫尾根入り口案内板
d0125589_23373850.jpg

猫峠標石
d0125589_23381393.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-04-03 23:41 | Comments(0)