<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

皿倉山を北東尾根から登り、権現山から帆柱山を通り花尾山へ

  大蔵バス停から小高い住宅地に張り巡らされた狭い階段、行き止まり道を手探りで歩いた。山道に出るまでは迷いやすく、階段歩きと説明の通りだ。ここからの北東尾根は緩やかに延びており歩きやすい、鉄塔が出てきて現在地が把握できた、しかし現在は国土地理院の地図から鉄塔が消されているウムウム!
  昨日の雪を踏みしめ遊歩道すすみ、見晴らしの良い国見岩で一休み、登りきると皿倉山、ここは若松、小倉、下関、響灘、洞海湾、関門海峡が広がり、先日登った竜王山も見える。南側は雪の被った福智山、これから歩く権現山、帆柱山、西側に花尾山、河頭山が眺められる。雪が踏みしめられた滑り安い雨情道(野口雨情)下り、権現山へ登り返し暖かいカップメンいただく。
  皇后杉の森を歩き帆柱山へ、帆柱ふれあいの森を抜け、花尾山の城跡の広場で洞海湾を挟み、若松半島の石峰山を眺めコーヒータイム、皿倉、権現、帆柱も仰ぎ見られる。巨岩が転がっている河頭山、四等三角点の標石が木に押しだされ斜めになっていた。次回は皿倉山からの夜景を楽しみたい!
JR福間5:54⇒JRスペースワールド6:46~大蔵7:20~鉄塔8:20~神山分岐8:24~帆柱森林植物園分岐8:44~国見岩9:06~622.2m<雪道~権現ノ辻>皿倉山9:15~617.2m二等三角点・9:55権現山10:05~488m帆柱山10:50~花尾ノ辻~351m花尾山(城)11:22~213.1m四等三角点・河頭山12:10~公園12:20~12:50黒崎駅~⇒JR福間・32.500歩・16km・6時間・晴れ・12、2、20
帆柱自然公園マップ
d0125589_15572170.jpg

帆柱自然公園の案内板
d0125589_15574820.jpg

国見岩
d0125589_15581987.jpg

風師山、足立山
d0125589_15583828.jpg

福智山
d0125589_15585990.jpg

雨情の帆柱の詩
d0125589_15592356.jpg

帆柱山「神功皇后がここの杉の木から軍船の帆柱を作つたことに由来」
d0125589_15594880.jpg

権現山の雪だるま
d0125589_16067.jpg

雪道
d0125589_1602531.jpg

帆柱山から芦屋、宗像四塚の峰
d0125589_1605141.jpg

皿倉山(花尾山から)
d0125589_1611039.jpg

石峰山と響灘に浮かぶ島
d0125589_1612992.jpg

巨岩に彫られた忠魂碑(河頭山にて)
d0125589_1614865.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-02-21 16:10 | Comments(0)

竃門神社から三郡山まで往復する

 篠栗駅に着くと雨が降っている、予報は曇り後晴れであったが四日続いての雨。ここからの三郡山往復を止めて、竃門(かまど)神社で様子を見ることにして車で移動。神社の駐車場は平日にも関わらず沢山停まっている、雨も上がったので竃門神社の中を通り歩き始めた。
  雨上りの道なのでズボンの裾を靴下に押し込み歩くアァーダサイ!早や下山してくる人とすれ違う、人気の市民の山だが登山道はほとんど石の階段である。中宮、羅漢道、上宮があった修験の山、標高差680m距離3.1kmを一気に登る毎日登山の方もいる。
  三月始めの低山雪稜(野坂・福井~三国・滋賀)歩きのトレーニングを兼ねてのボッカトレ、ちょっと短かめか?補いに羅漢道を歩く、最近歩かれて無く、なお雨後で滑りやすいので丁寧にゆっくり進む、秋の紅葉、初夏の新緑の頃がお進めか!登り返し上宮で一休み、更に仏頂山を経て三郡山頂へ、陽だまりを探し暖かい野菜入りのうどんをご馳走になる、体が心から暖かくなった。
  稜線を楽しみながら宝満へ引き返し、正面登山道の階段を膝、腰に負担が掛からないように丁寧にゆっくりと下りました。
  2月16日(木)JR福間6:15⇒7:16JR篠栗駅=車=8:00竃門神社8:17~一の鳥居8:58~三合目水場9:05~百段がんぎ~西院谷9:32~中宮跡9:40~<羅漢道>~宝満山10:30~仏頂山~11:35三郡山12:15~宝満山13:15~14:40竃門神社=車=長者原駅15:21・12km・24000歩・曇り
宝満山~三郡山コース案内
d0125589_16273264.jpg

竃門神社「縁結びの神様」
d0125589_16275618.jpg

百段がんぎ
d0125589_16281654.jpg

竃門山碑・中宮跡
d0125589_16283343.jpg

羅漢道・金剛兵衛剣窟
d0125589_16285081.jpg

羅漢道・天の岩戸(岩が挟まっている)
d0125589_16292256.jpg

三郡山・三等三角点
d0125589_16294034.jpg

頭巾山(右)から仏頂山(左)への稜線
d0125589_16302235.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-02-17 16:36 | Comments(0)

中国自然歩道を干支の竜王山へ縦走

   干支の山と一等三角点が重なっていたので早くから計画していたが天気に恵まれず延び延びになっていた。快晴の日和の中、南側の入り口から中国自然歩道を歩く、里山特有の一直線一気に影山まで180m登る。あとは雑木林の中をのんびり、時折青い響灘を眺め歩く。しかし深坂溜池分岐からは竜王山山頂まで擬木段が続く、逆コースにすべきであった。竜王山頂は大勢のハイカー楽しんでいる。ピーク、ピークからの眺めはすばらしく、響灘に浮かぶ蓋井島、関門海峡そして周防灘、はるか遠くに昨年歩いた皿倉山、足立山~戸ノ上山、風師山が肉眼では見える。北に続く山並みには厳つい名前の「鬼ノ城山」も見られた。西に登山道を尾袋の里へ降りた(擬木段は無い)。
 関門トンネル人道を歩いて見たかったので、下関駅にて下車、関門海峡・浪漫マップを見ながらぶらぶら歩く、エレベーターで地下に降り立ち、観光、散歩、ジョギングの人々に混じって780m歩き本州から九州へ着きました。またも門司駅へぶらぶら歩く。これで声が掛かれば、下関・門司の観光案内は出来ますよ?。次回は門司港から船に乗り下関へ、が良いかも?。
JR福間6:16⇒7:08JR小倉7:11=7:25下関駅7:28=1240円7:43安岡駅7:50~60m取り付き8:28~230.8m三等・影山8:56~240.0m四等・シタキ場9:23~220m深坂溜池分岐9:27~493.5m四等・雌鋤先山10:12~10:31牡鋤先山・昼食10:47~613.9m一等三角点・11:04竜王山11:10~竜王神社上宮11:34~12:20吉見駅12:34=12:58下関駅~海峡ゆめタワー~山口銀行旧本店~下関南部町郵便局~旧秋田商会ビル・金子みすず~旧英国領事館・工事中~亀山八幡宮・ふくの像~赤間神社・安徳天皇~15:00関門トンネル人道~出光美術館~旧門司税関~ブルーウィングもじ~門司駅16:54・・21000歩と16000歩
竜王山へ南側からの登山口
d0125589_1528286.jpg

雑木林の中国自然歩道
d0125589_15285353.jpg

シタキ場ピークより雌鋤先山を眺める
d0125589_15291542.jpg

登山口から2kmの分岐点
d0125589_1529348.jpg

分岐から擬木段が竜王山山頂まで2,6km続くアァしんどい!
d0125589_15295729.jpg

四等三角点・雌鋤先山
d0125589_15301570.jpg

雄鋤先山から響灘に浮かぶ蓋井島
d0125589_1530488.jpg

干支の山・竜王山・一等三角点
d0125589_153112100.jpg

登ってきた南尾根と関門海峡そして昨年歩いた山々
d0125589_15313469.jpg

海峡メッセ下関・海峡ゆめタワー
d0125589_1532372.jpg

下関南部町(ナベチョウ)郵便局・明治33年移築・日本最古で現役中
d0125589_15322358.jpg

旧秋田商会ビル・大正4年西日本最初の鉄筋コンクリート造り・金子みすず資料館
d0125589_15324824.jpg

亀山八幡宮の「ふく」の像
d0125589_1533740.jpg

赤間神社の竜宮造り水天門から関門海峡・安徳天皇陵
d0125589_15332739.jpg

平知盛像と関門海峡
d0125589_15334465.jpg

紙芝居・巌流島
d0125589_15341880.jpg

長州砲(八斤加農砲)1863年
d0125589_15343836.jpg

関門トンネル人道案内図・昭和33年開通
d0125589_15345930.jpg

関門海峡山口・福岡県境
d0125589_15351814.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-02-13 15:39 | Comments(0)

ウッデイパル余呉にて、雪の広場で子供たちと雪遊びを楽しむ

遊びに来ても良いですよと誘いを受け、すごい寒波来襲の2日に新幹線を利用して福岡県から向う。・・・・貸切バスが待つ西宮北口の集合場所へ、総勢29名(主役の子供14名)4日は雪も収まり良い天気に恵まれ賑やかに出発。
到着すると食事もそこそこに、子供たちはそりを持ちゲレンデに向う。始めての子や昨年参加した子もいる。子供たちは元気よく飛び回っている、親御さんは振り回され、自分の子供を捜すのに一杯のようだ。雪だるまを作る子や、そり滑り、斜面をデングリ返りする子もいる。
前回も雪洞を作ったが、今回は雪のブロックを切り出しイグルー風?に形になってくると皆でブロックを積み上げていく、2時間で完成、大人も立ったまま入れる高さに成った。子供たちは入ったり出たり、屋根に上ったり遊びまわっている。
今回はバスを利用して北近江リゾートの天然温泉で入浴、ここの広い複数の湯船も子らにとっては格好の遊び場所だ。
夕食はお子様定番のカレーライス、もちろん入浴の間にスタッフが残って準備、大変美味しくいただきました、感謝。食事が済むと梯子を上がったり下ったり、カクレンボ、トランプ、将棋と子らは遊ぶのに忙しい、大人はすっかり草臥れてしまった。
5日も朝食後子供ゲレンデで雪遊び、雪洞に飾りつけをして記念撮影。道の駅、湖北みずとりステーションへバスで移動、水鳥の撮影に多くのカメラマンが押しかけているようで、昼食は大賑わい。ここから眺める、びわ湖の夕陽も夕陽百選に選ばれている。雪景色の琵琶湖湖畔を楽しみながら帰りました。

レストラン余呉
d0125589_200099.jpg

赤子スキー場、子供ゲレンデ専用
d0125589_2003293.jpg

雪の中を転げまわる子供たち
d0125589_2005697.jpg

d0125589_2012719.jpg

雪だるま3対
d0125589_2014979.jpg

飾りつけられた雪だるま
d0125589_2021550.jpg

雪洞の出入り口
d0125589_2023521.jpg

雪洞の中の子供たち
d0125589_2025391.jpg

雪洞の屋上へ
d0125589_20699.jpg

飾りつけられた雪洞の前にて
d0125589_203494.jpg

d0125589_2041399.jpg

琵琶湖畔の水鳥
d0125589_2043241.jpg

道の駅、湖北みずとりステーション
d0125589_2045379.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-02-07 20:12 | Comments(0)