<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

肥前佐賀平野の名山・天山と脊振の金山を歩く

 今年の登り収めに行きましょうかとお誘い受け、肥前の名山・天山を選んだ。斎藤茂吉が愛した古湯温泉を過ぎて曲がりそのまま直進してしまい、現在地が解らないままに走る。市川からの登山コースに出逢い天山には行けそうなのでここから登山することにした。植林帯を抜けると天山県立自然公園入り口の凍てついた広場に着いた。絶好の日和、昨日踏みしめられた雪交じりの道を歩き山頂に出る。草原の山でさえぎる物が無く寒い、防寒着を羽織り、雄大な展望を北に脊振の山並み、南は眼下の佐賀平野の先にまぶしく耀く有明海、風もあり寒いので長居が出来ず、滑らないように引き返した。
 進入禁止の標識があったが、曲がりくねった林道を東に進むと四差路、直ぐ横が最初の目的地である七曲峠、車内で早めの昼食いただき、予定の時間に出発できた。風がさえぎられ木漏れ日が差し込む道を歩く、途中倒木帯がありそこだけが唯一ネックだ。稜線上の屏風岩を乗り越し冬枯れの雑木に囲まれた彦岳へ、引き返す途中、稜線から天山を眺め楽しんだ。
 時間に余裕があるので、今年の登り収めの収めに脊振の金山を登ることにし、登山口の中山キャンプ場に移動。南側の最短コースから、道明ノ滝を過ぎると自然林のなかを歩き縦走路へ、急騰をこなし名熊城の番所跡の稜線そして目と鼻の金山山頂へ、北斜面には雪がびっしり着いていた。
12月19日 福間駅5:55=6:24吉塚駅6:30=690m市川からの登山口7:40~一等三角点1046.2m8:45天山てんざん9:10~登山口10:20=昼食685m10:50七曲峠11:25~屏風岩12:00~三等三角点845.3m彦岳12:25~七曲峠13:15=480m中山キャンプ場14:05~一等三角点967.30m15:05金山かなやま15:15~キャンプ場16:00=17:20吉塚駅・快晴・積雪あり・28000歩・14km
  市川コース登山口
d0125589_13294214.jpg

  天山県立自然公園入り口
d0125589_13302445.jpg

  山頂・天山・一等三角点
d0125589_1331082.jpg

  七曲峠への稜線コース
d0125589_13314085.jpg

  彦岳への稜線コース
d0125589_13323670.jpg

  アオキの赤い実
d0125589_13332350.jpg

  冬枯れの彦岳・三等三角点
d0125589_13335840.jpg

  稜線上の屏風岩を乗り越す
d0125589_13345330.jpg

  彦岳稜線から天山を眺める
d0125589_13351924.jpg

   金山北斜面の積雪
d0125589_13362463.jpg

  切り株のマーキング
d0125589_13365176.jpg

  山中キャンプ場から金山往復
d0125589_13371542.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-12-21 13:45

古処山・屏山・馬見山地の縦走を楽しむ

甘木から筑前の小京都秋月城下町「黒田長興が黒田長政の福岡藩から5万石を付与され、支藩の秋月藩として誕生1623年」を野鳥までバスに乗車。本覚寺を右(左は秋月街道)に取り九州自然歩道を野鳥川沿いに歩き五合目(林道終点に合流P有り)。石畳の道を歩き三角杉の美林を過ぎると水場の八合目水船、天然記念物のオオヒメツゲ群落の中を歩き、石灰岩の岩場の中に石祠(九世紀頃開かれた霊場)が祭られ積雪がある古処山山頂へ。秋月藩出身の儒学者・原古処の号「古処」に由来。測量標識はあるものの三角点は不明。
大将隠し分岐まで雪に濡れた石灰岩の岩場を下り、ここからは気持ちの良い縦走路を歩き屏山へ。上り返しの突峰を迂回して宇土浦越へ、少し上り四等三角点、筑紫平野、先日ジョギング登山した耳納山地、振り帰れば屏山を見ながら、さらに標高差300m登り一等三角点・馬見山へ到着。「桓武天皇の馬が暴れ山に逃げたのを見送った事に由来。」
心地よい自然歩道を歩き、栗河内別れを過ぎると数回林道を横切る、登り返しが結構多くなかなか降ろしてくれない、エリヤマップのコースタイムはかなり厳しい。バスの時間に追われ気を引き締め歩きやっと小石原民芸村の車道に出た。あと1.8km歩き小石原バス停に到着。杷木行(柿の産地)のバスに乗車(次発は16:31)「用の美の小石原焼は1958年ブリュッセル万博にてグランプリ受賞」寒い一日でした。
12月12日(月)JR福間5:21=5:51博多駅5:55=6:31基山6:34=7:02甘木駅バス7:24=野鳥7:50~本覚寺登山口8:03~五合目9:00~水船9:20~859.5m古処山9:40~926.6m三等三角点・屏山10:40~宇土浦越11:15~四等三角点11:25~977.8m一等三角点・馬見山12:05~栗河内別れ12:40~登山口13:43~14:05小石原バス14:33発=宝珠山駅15:05=15:17夜明駅15:40=久留米駅16:49=福間
青春キップ・曇り・16km・32000歩
甘木祇園山笠飾り・甘木鉄道駅構内にて
d0125589_13573695.jpg

筑後川県立自然公園案内板
d0125589_13575864.jpg

古処山山頂(白山神社の祠)オオヒメツゲ群落(国の天然記念物)
d0125589_13582083.jpg

石灰岩と雪がある自然歩道
d0125589_13583823.jpg

屏山の自然公園案内板
d0125589_1358595.jpg

屏山山頂・三角点は別地点
d0125589_13591794.jpg

宇土浦越、直ぐ上の四等三角点
d0125589_1359353.jpg

振り返れば、右側が屏山(へいざん)左は突峰
d0125589_13595494.jpg

一等三角点・馬見山
d0125589_1401271.jpg

自然公園案内板、下が北、3.4kmで東峰村小石原バス停
d0125589_1403156.jpg

宝珠山駅、県境上にホーム(福岡、大分)日田彦山線(小倉=日田)
d0125589_1405141.jpg

夜明駅シンボルマーク&キャチフレーズ(九大本線・久留米=大分)
d0125589_1411025.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-12-14 14:10

筑後平野と筑後川の流れを眺め、耳納スカイラインを歩く

 朝早いのでおにぎりをコンビニで購入しようとしたが福間駅の店は開店前、田主丸駅にはありません。今日はスカイライン(18km)をジョギングの予定だったので最軽量化でザックの中味押さえ、あるのはスポーツ飲料と飴4個だけ、またまた大失敗だ。一箇所自動販売機がありコーンスープ2缶購入、朝ジュウース一杯しか飲んでいなかったので、直ぐに1缶飲みました。
 林道を「えぐ水登山口」へここから登山道をゆっくり、なるべく汗が出ないように歩き一等三角点・鷹取山へ。「珍しく高所に築かれた山城跡」飴とスポーツ飲料を飲み、耳納スカイラインのスタート(但しジョギングで)快晴で日差しは有るが下り坂で結構寒い汗はかかない。二等三角点・発心山(山城跡)で一休み、飴とスポーツ飲料・コーンスープを飲む。
 出発して直ぐに夏目漱石の句碑を発見、次は耳納平で飴とスポーツ飲料を飲み休む。ここから自然遊歩道と交互に進む、自然遊歩道の中に三等三角点・桝形山、そしてスカイライン名称の三等三角点・耳納山「足立山と呼ばれていた頃、出没する怪物を今光坊然廊上人が倒し、怪物の耳を山頂に埋めた」。
 自然遊歩道は上りが有り辛い、高良山入り口でつつじ公園の案内看板を把握するが上りが急で、しかも道が沢山あり行き過ぎそうになるが、小さな山道から一等三角点の山頂へ(毘沙門岳城跡)二つ目をゲット。(全く知らずラッキー!)漱石の句碑の横からスカイラインに戻り、ジョギングゴールの高良大社へ。「鎌倉時代までは勅裁により造営、筑後国一番の宮」大社の前に茶屋があり、空きっ腹に熱い「うどん」を流し込みました。
 あと2km歩きJR御井駅に予定の時間に着きました。(消費したのは飴3個、スポーツ飲料500cc・現地のコーンスープ2缶&うどん)駅の横にコンビニあるが14:50着JR御井駅14:51発で、今日はコンビニに見放された一日だった。
 山岳ランは高良大社スタートして鷹取山へ上るランです。ハイキングは120分余計に掛かるか?
 12月5日(月) 福間駅5:21⇒5:51博多駅5:55=6:55久留米駅7:02=7:29田主丸駅7:40~380mえぐ水登山口8:45~一等三角点801.8m鷹取山9:45~650mかんかけ峠~二等三角点697.5m発心山11:25~耳納平12:25~三等三角点606.7m桝形山12:05~三等三角点367.9m耳納山13:05~一等三角点312.3m高良山13:40~14:00高良大社14:20~14:50JR御井駅14:51⇒JR福間
 快晴・26km・48.000歩・スカイライン(18km)をジョギング
 カッパと田主丸駅からの日の出
d0125589_9343181.jpg

 田主丸駅から耳納連山
d0125589_93458100.jpg

 山ノ神
d0125589_9351913.jpg

 鷹取山(城跡)一等三角点、四っの石に囲まれた正式な三角点造作?
d0125589_9354316.jpg

 カラスウリの実、クリスマスツリーの飾りつけ?
d0125589_936622.jpg

 発心山(城跡)二等三角点
d0125589_9362664.jpg

 夏目漱石の句碑「濃(こまや)かに、弥生の雲の、流れけり」
d0125589_9364815.jpg

 耳納山・三等三角点
d0125589_937743.jpg

 つる性植物、サネカズラの赤い実
d0125589_9372533.jpg

 夏目漱石の句碑「筑後路や、丸い山吹く、春の風」
d0125589_9374645.jpg

 夏目漱石の句碑「人に逢わず、雨ふる山の、花盛」
d0125589_938758.jpg
 
 高良山(毘沙門嶽城跡)一等三角点
d0125589_9384426.jpg

 夏目漱石の句碑「紫の花の、遥(はる)かに黄なり、筑後川」
d0125589_939134.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-12-07 10:00