<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

宇美八幡宮の歴史と井野山、四王寺山の山城遺跡を巡る

応神天皇の誕生の地で、安産育児の守り神と名高い宇美八幡宮を訪ねました。境内は大きな楠木が何本もあります、樹齢2,000年の天然記念物「衣掛の森」「湯蓋の森」の見上げる大木に遇いました。南西に真直ぐ伸びる参道の向こうに井野山はあり、入り口の公園からは市民の散歩道です。挨拶を交しながら歩き、階段155段を上り詰め山頂へ、360度の展望が広がっています。
内野谷沿いの車道を歩き百間石垣へ、ここから右回りに野外音楽堂、毘沙門堂そして二等三角点の在る大城山へでました。少し進み見晴らしが良い展望台のベンチでコーヒータイム、天拝、基山、九千部、脊振山、眼下に見える大宰府を楽しみました。増長天礎石郡、焼米ヶ原ここからは宝満山、先週登った大根地山、遠くは九重山まで眺められます。東の山稜を北に進み大原山を越し、四差路から林道に下りそして元の屏風岩へ一周しました。
福間8:06⇒9:03香椎=9:32宇美駅~(応神天皇誕生地・樹齢2000年の神木クスノキ)宇美八幡宮10:00~236m展望の井野山10:45~車道~屏風岩12:20~百間石垣~野外音楽堂12:42~二等三角点410.0m大城山13:00~展望台13:15~増長天礎石郡13:40~焼米ヶ原~354m大原山14:04~屏風岩14:35~宇美駅15:26=香椎駅⇒JR福間・32,300歩・16km・晴れ・大野城遺跡
大クスノキ「衣掛の森」天然記念物/10月19日
d0125589_15272952.jpg

大楠木「湯蓋の森」天然記念物
d0125589_15275399.jpg

宇美八幡宮
d0125589_15281655.jpg

若杉山から岳城山への北西尾根稜線・井野山山頂より
d0125589_15284450.jpg

アゲハチョウ井野山山頂にて
d0125589_15291139.jpg

四王寺山地の県民の森案内図
d0125589_15293018.jpg

百間石垣
d0125589_1530392.jpg

野外音楽堂
d0125589_15302385.jpg

大城山・二等三角点
d0125589_15304835.jpg

増長天礎石郡
d0125589_15311112.jpg

焼米ヶ原
d0125589_15313534.jpg

ツワブキの花が咲き始めました
d0125589_15315837.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-10-20 15:34

筑前六宿の内野宿から長崎街道を訪ねました。

街道入り口に今昔絵図が掲示されていて江戸時代の賑わいを思い浮かべました。展示館は火水お休み。街道の両側に掲げられている屋号と説明を見ながら、まだ、数軒残っている家並みを眺め歩き老松宮へ、ここの片方の狗犬は赤ちゃんを抱えている。
国道200号線を横切り、参道入り口の荒田で右に曲がり、少し進むと幅2mの道に平らな石を敷き詰めた石畳の街道が現われた。少し寂しく薄暗い石畳に首切り地藏があらわれ横を通り、上り詰めると冷水峠、ここが箱根の天下の険と比べられた峠越しです。
山家宿へ下らず今日の山、大根地山を目指し自然歩道を1時間標高差300m歩き、大根地神社、別当稲荷大明神の白狐を見学して二等三角点の見晴らしの良い草原山頂へ、真北に三郡山のドームが見られましたが、眺めはいまひとつです。
西尾根を竜岩自然の家道標に従いコンパスで方向を確かめ進み、途中四等三角点で現在地の確認ができました。分岐から笹尾山へは藪濃く少し見ただけで止めて香園へ降り、バスが16時まで無いので車道を4km日除けに傘を差し歩きました。
10月12日(水)福間7:39⇒8:54原田駅乗換え9:03=9:23筑前内野駅~(内野宿場)~老松宮9:50~荒田バス停10:20~(長崎街道石畳)~320m冷水峠11:10~九州自然歩道~大根地神社11:55~652.0m二等三角点・大根地山12:08~(西尾根)~476.6m四等三角点△13:08~(竜岩自然の家)200m香園バス停13:50~吉木入口バス停14:42=二日市駅・14km、26,500歩、晴れ
内野宿の街道今昔絵図
d0125589_1514592.jpg

旅籠肥前屋、展示館(火水休み)
d0125589_1516896.jpg

伊藤家
d0125589_15163630.jpg

老松宮の狗犬は赤ちゃんを抱えている
d0125589_1517944.jpg

色づいたカラスウリ
d0125589_15174199.jpg

石畳に沢蟹
d0125589_15182745.jpg

石畳の長崎街道
d0125589_1519426.jpg

難所・冷水峠(大根地神社の鳥居)
d0125589_15193282.jpg

大根地神社(正月には大勢の参拝で一杯になる)
d0125589_15201514.jpg

名前不明ツルのムラサキの実
d0125589_15205547.jpg

山頂から正面に三郡山のドーム
d0125589_15213824.jpg

西に続く尾根を道標に従い進む
d0125589_1522627.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-10-20 15:23

脊振山地の西端に位置する「とんぼ山から井原山」

脊振山地の西端に位置する展望が良い「とんぼ山」へ、山頂の大岩によじ登り唐津湾の海岸線、東には浮嶽・女岳が飛び込んできました。防火帯の急坂を下ると車道の白木峠、ここから樹林の中を歩き最後の詰めは急騰で浮嶽神社上宮へ、鳥居越しに玄界灘が広がっています。鞍部まで急下降、樹林帯を歩き車道の荒谷峠へ、40分登ると女岳ここも北に玄界灘が望まれます。マーキングを見落とさないように注意しながら、小さなアップダウンを繰り返し今夜の幕営地、やはり車道の荒川峠に着きました。今日出会ったのは浮嶽神社上宮での二名だけでした。谷川に水は豊富に流れていたが、直ぐ傍に人家があったので訪ね井戸水を分けていただきました。(1/25,000地図では水線が有り谷川の水を予定)
脊振山地の中部か?(荒川峠から雷山)朝露を心配してスパアッ、カッパ下を着けて出発、予想に反してほとんど露は無いので直ぐにカッパは脱ぎました。羽金山・長野峠までの9kmは特に注意深くコンパスとマーキングを確認して歩きました。小さなアップダウン、尾根の変わり目、林業用のマーキングとの混同。羽金山は電波送信所のフェンスに囲まれていて、沿って東側に行くと案内が有り西側の門のインターホンで了解を取れば二等三角点の山頂に行けますとの事、残念見送。鞍部まで250mの一気下り、ここからは屈曲が多く慎重に進み長野峠コーヒータイム。段々荷が重くなりスピードも鈍りがちです、山芋のむかご、甘いアケビを口に入れながらやっとスキー場、あとひと上りして雷山。山頂でビスケット、スープタイム。ここから脊振山の間がメインルート、ハイカーに出会いました。歩きやすく気持ちの良い登山道を楽しみ歩きました。先日登った井原山は小学生の一団で賑やかです。そこで下山コースを変えて、野河内渓谷を歩きました、最後の林道は長かった。
蝶2羽
d0125589_12512925.jpg

十坊山頂上の大岩
d0125589_1255283.jpg

大岩から唐津湾を見る
d0125589_1256121.jpg

浮嶽と女岳
d0125589_12565282.jpg

十坊山から秋の棚田を眼下に見る
d0125589_12581384.jpg

女岳山頂
d0125589_125995.jpg

コース案内マーク、助けられました。
d0125589_1301894.jpg

ツルリンドウの花
d0125589_131617.jpg

雷山頂上
d0125589_1315025.jpg

優しい尾根道を歩く
d0125589_133165.jpg

井原山山頂
d0125589_1335724.jpg

野河内渓谷の流れ
d0125589_1344668.jpg

ツルニンジン
d0125589_1352095.jpg

頭上の枝に巻き付く蛇
d0125589_1363176.jpg

10月6日(木)JR福間7:14=7:44博多駅・地下鉄8:13=8:32姪浜8:34=9:17福吉9:30~中村9:50~635.4m三等三角点・十坊山11:15~369m白木峠11:30~805.2m二等三角点・浮嶽13:20~542m荒谷峠14:10~748m女岳14:45~荒川峠16:00・農家から井戸水をいただく・テント泊・13km
夕食は「あさりのチゲ鍋」;缶詰あさりの水煮1缶130g、白菜キムチ100g、長ネギ1/2、卵1個;調味料;塩(5g)、醤油(10ml);キムチはざく切り、長ネギは斜め切り。鍋に缶汁65mlと水160mlを入れ、長ネギと白菜キムチ、あさりを加えてひと煮立ちさせ、塩、醤油で味を調える。最後に卵を落し蓋する、半熟になったら出来上がり。
10月7日(金)4時起床5:55発~樋の口分岐7:12~874m河童山7:48~900.3m二等三角点・羽金山8:08~長野峠9:40~955.3m雷山11:25=11:40~983.0m三等三角点・井原山12:50~アンノ滝分岐13:45~水無登山口(野河内渓谷)14:00~15:15曲渕バス停15:25=早良営業所=博多駅・20km
[PR]
by masa32jk3mce | 2011-10-09 13:20

企救自然歩道からの展望を求め縦走と夕夜景を楽しむ。

即非如一が開山した黄檗宗の禅寺、広寿山福聚寺の雪舟が造った庭、赤い木魚、桃の紋を楽しみました。続いて和気清麻呂の子真綱が創建した妙見神社(全国の総本宮)に寄り道しました。足立森林公園の森プロムナードから小文字山に一気に登り上がる。1948年福岡国体で京都の大文字焼に対し「小」字の炎で歓迎したことに始まるそうです。企救きく自然歩道の西端、眺望はすばらしく眼下に小倉、門司、関門海峡が広がります。妙見神社上宮から一等三角点足立山へ、山名は「和気清麻呂が切られた足をこの地で癒し、足が立った」と言う説による。それにしても暑く後6kmの自然歩道、すれ違う人も無くただ黙々とボッカです。途中無名の三等三角点が中間点か、登り返したところが見晴らしの良い大台ヶ原、大休憩です。水場に行き顔、頭を冷やし、水も補給しました。やっと今日の宿泊所、戸ノ上山にたどり着いたが、炎天下に少し寄り道をし過ぎ疲れました。ところが案内書の水場が解りません、よくも水を持ってあがったものです。夕景の中ベンチでメニューの食事をゆっくり味わいながらいただきました。翌日は残りの水を飲み下山、コンビニで飲料水、食料を購入。小森江子供のもり公園で腹ごしらえをして、明治時代の要塞跡がある矢筈山へ、早朝散歩の方と場違いの姿で歩きました。二等三角点がある風師山山頂より人気のある風頭岩峰へ、眼下に広がる関門海峡、巌流島、振り返れば昨日歩いてきた山々、すばらしい展望が広がる所です。緩やかに下り企救自然歩道の終点清滝公園を経て、レトロな門司港駅「ネオ・ルネッサンス様式の木造建築」に着きました。

JR福間8:30⇒JR小倉9:20~広寿山福聚寺10:30~妙見神社10:50~366m11:50小文字山12:05~519m妙見山13:00~597.8m13:25足立山13:45一等三角点~三等三角点14:45~370m大台ヶ原15:40~517.8m四等三角点・戸ノ上山16:20(7時間30.000歩15km)山小屋泊
☆野菜と秋刀魚のかば焼きのラタトゥイユ(2人分)
缶詰秋刀魚のかば焼き1缶、野菜;茄子、キユーリ半分、玉葱80g、パブリカ
調味料;トマトジュース(15ml)、にんにく(半分スライス)、酢(15ml)、醤油(5ml)
作り方15分鍋に缶汁20mlと水120ml、調味料、一口大に切った材料を入れ野菜が柔らかくなったら秋刀魚を加えさっと温める。
6:00出発~寺内6:40~小森江子供のもり公園7:30~266m矢筈山8:10~362.2m風師山二等三角点9:06~364.3m風頭岩峰9:23~10時20分JR門司港駅9:37(4時間20.000歩10km)
広寿山福聚寺の庭と赤い木魚
d0125589_1014827.jpg

足立山山麓案内図
d0125589_1023633.jpg

妙見神社(足の神様)
d0125589_1033463.jpg

小文字山の木組み
d0125589_1043243.jpg

足立山一等三角点
d0125589_1052024.jpg

足立山から小文字山
d0125589_1061170.jpg

大台ヶ原の草原・左は戸ノ上山
d0125589_1073423.jpg

風頭・眼下に関門海峡
d0125589_1085549.jpg

矢筈山・戸ノ上山・足立山・妙見山・小文字山
d0125589_10103460.jpg

海峡の浮かぶ巌流島
d0125589_10112563.jpg

関門海峡と橋
d0125589_1012361.jpg

レトロな門司港駅
d0125589_10131819.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-10-01 10:19