<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

滝をめぐりそして脊振山地二番目の高峰の井原山へ

ハイキングにお誘いを受けたコース見て、当初は沢歩きをと思っていましたが、急に寒くなったので沢歩きは止め、来年の下見も兼ね渡渉を繰り返すハイキングを楽しんできました。今回は水量も多かったようで、途中で何度か躊躇する場面に出遭ったものの、靴を脱ぎ渡渉したのは一度だけでした。個人的には数多くの渡渉を存分に楽しめました。二段の滝で一休み、源流の最後の谷を詰めると縦走路に飛び出しコバノミツバツツジの中を三等三角点がある井原山へ、360度の展望が利き、乾燥していたせいでしょうか眺めがよく北には博多湾に浮かぶ島々、南には有明海に浮かぶ雲仙普賢岳も望めました。木漏れ日が差し美しい自然林の道をゆっくり歩き、ダルメキ谷に出ると再び渡渉が始まりました。水量が豊かなアンの滝をしばし眺め、それから家族ずれのパーテ会い、もうここからは楽に進めるかなあと思っているとなかなかです。子供を二人連れた家族が躊躇しているところに出会い、しばらく家族の行動を見ていました。もちろん靴を脱ぐか、靴のまま歩けば何の問題も有りませんが、そこの(濡れることの拒絶反応と靴を着脱する時間のロス)判断が重要か?。楽しい一日でした、お誘いいただき感謝です。
自宅~福間駅5:55=6:24吉塚駅6:30=7:30・240m瑞梅寺山の家7:40~洗谷登山口7:53~二段ノ滝9:00~955m縦走路9:50~10:17・983.0m井原山10:47~アンの滝11:54~ダルメキ谷~12:30瑞梅寺山の家12:45=吉塚駅14:02発・・19000歩、9km、標高差750m、5時間、快晴
名前が分かりません
d0125589_9172383.jpg

ツリフネソウ
d0125589_9184187.jpg

洗谷の流れを渡渉
d0125589_9194953.jpg

滝の連続
d0125589_920406.jpg

二段の滝
d0125589_9211535.jpg

眼下に広がる博多湾
d0125589_9221530.jpg

木漏れ日差す自然林を歩く
d0125589_9231075.jpg

ツチアケビ
d0125589_9234331.jpg

カミキリムシ
d0125589_9242126.jpg

ダルメキ谷の小滝
d0125589_925151.jpg

アンの滝
d0125589_9254461.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-09-26 09:27

玄界灘の海岸(津屋崎浜・恋の浦・白石浜・勝浦浜)を巡る

残暑が厳しい日が続き家に閉じこもっていましたが、停滞している台風15号の影響で薄曇り掛かり、暑さをしのげそうなので玄海国定公園の海岸線に向いました。
新宮浜に続く宮地浜、日韓外交に携った雨森芳州記念碑からのスタートです。西に大峰山、東に立花山、正面に浮かぶ相島、砂辺にはチドリ・トウネン?が遊んでいました。津屋崎橋を渡り曽根の鼻から自然歩道を歩き、親子灯台そして東郷神社に出ました。大峰山は公園として整備され市民の憩いの場です。日本海海戦記念碑が有り、その一角に二等三角点が埋め込まれています。自然歩道を薬師公園に向って歩き楯崎の展望地に出ました。南に相島、北に大島が浮かんでいます。海ぎわの岩場に降り立ち恋の浦を歩き始めました。さかな釣り、ダイビングのグループが遊んでいました。私有地に迷い込んでしまいやっと小山を抜け津屋崎干潟に出て、細い道から勝浦浜へ続く長い砂浜の入り口、白石浜へでると、遥か先5km続く美しい曲線砂浜が目に飛び込んできました。始めて出会ったのが4人家族の方、デート中の二人づれ、釣り一人、4頭の乗馬そして四人の女性たち、風が強くなり帽子を抑えながら宝貝などを探し、砂浜を踏みしめました。宗像神社と水軍城跡の展望地からさつき松原海岸、雲が掛かる湯川山からの稜線を楽しみました。バス待ち時間に久しぶりの喫茶店でした。
雨森芳洲碑と相島
d0125589_15231284.jpg

スナガニの穴とかい出した砂
d0125589_15233321.jpg

大峰山・東郷公園
d0125589_15235451.jpg

犬鳴山地と立花山
d0125589_15241469.jpg

チドリ・ホウネン?
d0125589_15244941.jpg

親子灯台
d0125589_15251617.jpg

山頂より宮地岳と津屋崎浜、犬鳴山地
d0125589_15255189.jpg

日本海海戦記念碑
d0125589_15261050.jpg

楯崎の上から「恋の浦海岸」
d0125589_15265120.jpg

楯の海岸
d0125589_15271213.jpg

白石浜から勝浦浜の海岸線
d0125589_15285571.jpg

海の向こうの大島
d0125589_15292848.jpg

四頭の乗馬
d0125589_15295497.jpg

宗像軍城跡からさつき松原と雲が掛かった湯川山稜線
d0125589_15301334.jpg

自宅8:40~宮地浜・津屋崎浜~津屋崎橋9:20~親子灯台9:50~東郷神社10:05~3.5k二等三角点114.5m大峰山10:20~楯崎11:00~2k恋の浦11:40~2k白石浜12:23~奴山川13:00~3k勝浦浜14:10~1.5k神湊港14:35~2k勝浦浜バス停15:10・喫茶店・ふくつミニバス16:14
14kmウオーキング6時間32.600歩・薄曇り
[PR]
by masa32jk3mce | 2011-09-19 16:00

由布岳西峰リベンジとお鉢巡り

先週、暑さと水不足で登れなかった西峰一等三角点に急遽makikoさんの案内で再挑戦する事になりました。正面登山口に着く頃には、既に霧がかかり少し早い天気の崩れでした。夏のハイキングには日差しがさえぎられ歩きやすく、ゆったりと牧草地を歩き始めました。ミズナラ、カエデ、リヨウブの自然休養林を歩き合野越しへ。登りやすいジグザグの道を潅木、草斜面、再び潅木帯、アザミに混じってハクサンフロウも咲いていました。そして東、西峰の分岐マタエに到着。強風と霧に包まれていたが、雨は降っていないので岩稜に取り付きました。障子戸と呼ばれる絶壁はクサリが濡れているのと強風に注意し慎重に登りました。直ぐに西峰一等三角点です。霧のため展望が利かない山頂を後にしてお鉢回りに。小さなお花畑「オタカラコウ、トリカブト、シオガマ等」から火口縁を下りナイフエッジの岩稜を乗り越え剣が峰、東峰で一休み。分岐のマタエに戻りゆっくり下りました。
ドライブ始めてしばらくすると雨が降り出しました。九重山登山口の長者原、牧の戸峠を散策、そして筋湯温泉へ入浴(9月9日で無料です)。大宰府付近は土砂降りでした。
福間5:55=6:24吉塚6:30=高速道=8:15・800m正面登山口8:30~1000m合野越し9:05~マタエ10:10~1583.3m由布岳西峰一等三角点10:25~剣が峰~東峰11:25~マタエ11:45~12:40正面登山口=車で移動、長者原=牧の戸峠=筋湯温泉入浴=九重インター=自宅・・霧、曇り、雨(台風14号接近)
由布岳(豊後富士)登山口
d0125589_1625420.jpg

由布・鶴見岳自然休養林案内標
d0125589_1641084.jpg

一輪のオニユリ
d0125589_1644798.jpg

ハクサンフウロ
d0125589_1652883.jpg

西峰一等三角点
d0125589_1661848.jpg

オタカラソウ
d0125589_1665112.jpg

トリカブト
d0125589_1671945.jpg

ナイフエッジ剣が峰
d0125589_1675917.jpg

霧の中の東峰
d0125589_1683871.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-09-10 16:10

筑後平野の宗教路を巡る15kmウオーキング

久大本線の御井駅から歩き始め「神代浮橋跡・元寇史跡」へ(船を並べて、人馬を渡した)。筑後川に掛かる神代橋を渡り鳥巣橋に進むと、ここから陣屋川沿いのコスモスロードになり、咲き始めのコスモスを眺めながら北野天満宮へ到着。1045年に京都北野天満宮の代官所として勅命で創建されました。樹齢900年を越すクスノキの巨木が境内に有ります。
田んぼの中に一直線に続く床島用水路横を歩き、太刀洗町の今村カトリック教会へ(1550年頃からの歴史が有ります。)外壁は赤レンガ、ロマネスク様式の屋根で1913年に鉄川与助が浦上天主堂に似せて建造した。
再び筑後平野を、南に耳納連山を眺めながら歩き、筑後川・巨瀬川に掛かる大城橋・鎮西橋を渡り善導寺へ。1208年法然の弟子、聖光上人が開山。九州の浄土宗の大本山として栄えた。やはりここにも樹齢800年を越すクスノキの巨木が境内に有ります。ひなびた善導寺駅に着きました。
福間7:14⇒御井9:08~神代くましろ橋9:33~鳥巣橋10:05~コスモスロード~北野天満宮10:30~11:30今村カトリック教会12:00~大城おおき橋北12:53~善導寺13:30~13:55善導寺駅14:46⇒JR福間・・薄曇り・5時間・28.800歩
神代浮橋跡・元寇史跡
d0125589_1016197.jpg

少し早いコスモスロードを歩く
d0125589_1017573.jpg

北野天満宮
d0125589_1017556.jpg

樹齢900年以上の大クスノキ
d0125589_10191462.jpg

筑後平野のど真ん中
d0125589_10195599.jpg

今村カトリック教会
d0125589_10205645.jpg

ステンドグラス外側より
d0125589_10215318.jpg

ステンドグラス内側より
d0125589_10224073.jpg

今村カトリック教会遠景
d0125589_10232862.jpg

大きな流れの筑後川
d0125589_10242358.jpg

善導寺の大門・重要文化財
d0125589_10254781.jpg

ひなびた善導寺駅
d0125589_10263183.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-09-07 10:31

青春18きっぷを利用して、鶴見岳から由布岳へ縦走

 停滞していた台風が接近する前にと鶴見岳から由布岳へ出かけました。車両の窓越しに奇岩怪石の山、津波戸山の遠景を撮ろうとデジカメを出すと故障です。別府駅前の有名な電気店で急遽カメラを購入したりしていたので時間が無くなり、駅前の温泉に入浴する時間が無くなってしまいました。
 志高湖キャンプ場は芝生と湖畔のサイトです、明日登る二つの山が湖畔越しに眺められました。鶴見岳へ夜間登山することにしましたが、起きるのが少し遅れ出発、火男火売神社から標高50m毎に設置されている標識を頼りにゆっくりと歩き始めました。日の出にギリギリの時間でしたが、雲海が厚く、また山頂付近もガスが流れていて残念です。
 ロープウエイ山上の自動販売機で飲料水を購入予定でしたが、残念ながら施錠された構内にあり1リッターでは足らないなーと思いながら山頂へ歩きました。馬の背への道は朝露で輝くススキの中を歩き、下半身はぐっしょりと濡れ、花粉まみれになりました。
 由布岳東登山口で水が足らないと思案しましたが歩くことにしました。日向越し、そしてかんかん照りの岩稜地帯では足は上がらず、水も乏しく休み休みやっと東峰にたどり着きました。一等三角点がある西峰は断念しました。ジグザグの下り道は歩きやすいものの、高度は下がりません、うがい程度の水補給で合野越しの分岐に着きました。あと一時間、岳本の西登山口を目指しましたが、草原の道は解り難く、炎天下度々地図を確認、地図に記載された水場を発見、やっと冷たい水に有り付け、水の有り難さが染み入りました。暑い夏の日に標高差ある2回の上り下りは厳しいくよく歩いたものです。
 休み休み歩いたので、湯布院で入浴時間が無くなり、洗面所で体を拭きシャツを着替えました。
8月30日(火)福間8:30=9:11小倉9:33=10:37中津10:54=12:06別府・バス13:42=志高湖14:10・散策・ツエルト泊
8月31日(水)2時起床2:30発~500m鳥居3:00~火男火売神社3:30~三等三角点・1374.5m鶴見岳6:00~816m東登山口7:20~1584m由布岳東峰10:20~合野越12:00~480m西登山口13:10~13:40湯布院駅14:03⇒14:59大分15:02=16:17柳ヶ浦16:59=17:16中津17:18=18:26小倉18:29=19:16
別府駅前
d0125589_14201692.jpg

志高湖より由布岳と鶴見岳
d0125589_14215464.jpg

鶴見岳山上案内板
d0125589_142376.jpg

鶴見岳山頂・1375m・三等三角点
d0125589_14243016.jpg

由布・鶴見岳自然休養林案内板
d0125589_14261084.jpg

由布岳東峰・西峰を見る
d0125589_14272648.jpg

ハクサンフウロ
d0125589_14281341.jpg

岩場の通過
d0125589_14285546.jpg

由布岳東峰1584m
d0125589_14295929.jpg

岩場を俯瞰する
d0125589_14304616.jpg

飯盛ヶ城を俯瞰
d0125589_1432880.jpg

JR湯布院駅
d0125589_14325168.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2011-09-01 14:36