展望豊かな里山、新立山と六ヶ岳(むつが岳)

 車道歩きが長いので今回の曇り空を選び、唐津街道の赤間宿場を歩き抜ける。正助ふるさと村(武丸の親孝行な正助)公園で早めの昼食をいただき、いよいよ南に向かい登り始める、山頂の北側が宗像の新立山、南側の宮若が三角点のある権現山、宗像四塚山地その向こうに玄界灘、東に足を延ばす予定の六ヶ岳と福智山地、西に西山犬鳴山地が霞んでいる。
 平山集落から県道87号を南に歩き高速道路越して鞍手町の六嶽神社に着く、神社は祭神三柱様として宗像三女神が祭られている。さらに重文の木造11面観音立像が安置されている長谷観音に立ち寄る。大和(奈良)鎌倉と並び三大長谷観音の一つ。
 登山口から一気に登り六ヶ岳(旭岳、天冠、羽衣、埼門、高祖、出穂)の総称、二等三角点が旭岳にあり、360度の展望が広がる。筑前風土記よると宗像三女神が天降りたところで、福智山地方面を眺めると裾野の山並みが釈迦涅槃像として見られるらしい。
 下新入登山口へ、降り再び車道を歩き、亀が丘に祭られる剣神社にでる、(式年遷宮祭の直方曳山が勇壮だそうです)バスが無いので直方駅まで歩く。

2012年5月23日・曇り・23km・8時間・46.000歩
福間9:11⇒270円・教育大前9:35~赤間の宿~庄助ふるさと村11:00~三等三角点325.7m新立山(権現山)11:50~平山登山口12:33~六嶽神社14:18~長谷観音14:50~長谷登山口15:05~二等三角点338.9m15:35・六ヶ岳15:50~下新入登山口16:18~剣神社16:45(バス17:30)~17:25直方=折尾=820円福間

唐津街道の赤間宿場案内
d0125589_1094070.jpg

寛政二年創業勝屋酒造・福岡県屋外広告賞、景観広告賞受賞
d0125589_10101273.jpg

正助ふるさと村
d0125589_10103258.jpg

タツナミソウ・立浪草
d0125589_10105947.jpg

宗像の新立山
d0125589_10111659.jpg

アザミとクロアゲハ
d0125589_10114234.jpg

宮若が三角点のある権現山
d0125589_101254.jpg

ナルコユリ
d0125589_10123792.jpg

鞍手町の六嶽神社
d0125589_10131038.jpg

長谷観音
d0125589_10133731.jpg

重要文化財の木造11面観音立像案内
d0125589_10135458.jpg

六ヶ岳(旭岳・二等三角点)
d0125589_10142392.jpg

麓にてヒョットコに出会う
d0125589_10144560.jpg

[PR]
by masa32jk3mce | 2012-05-25 10:18
<< 若松半島の峰々を歩く 葛城山と人気の里山、岩石山・龍王山 >>